おとこひとり

59才おとこ・筋トレ・服・デザイン・時代・哲学

染めQをつかってエルメスのアマゾニアの劣化を染め直そうと思う

 

染めQ って言う染色スプレー、知ってます? これ、前から気になっていたんだけど、よくホームセンターで見かけるんだけど、口コミやYouTubeのビデオ見ると、色あせたバッやウェア、さらにソファなんかが、かなり良い感じに仕上がってる。ナノ分子で染めてるので、ひねっても引っ張っても大丈夫!ってのがすごい。

それで、キャンバスにゴム樹脂塗装のエルメスのバッグ(アマゾニアって言う樹脂の素材のシリーズ。防水で丈夫・・・っていうことでの素材)なんだけど、紫外線の影響などで、かなり劣化する。もうこの素材使ったシリーズは廃盤らしい。やっぱりよくないよ、アマゾニア。これを普通に染めるにはゴム樹脂だし、無理。でこの、「染めQを使ってみようかと思う。Before After を撮影してみよう。 革も、合皮も、布も、なんでも色が染められて、色落ちしないでのばしても引っ張っても大丈夫、ってすごい。

f:id:bearpond:20170219204750j:plain

 

f:id:bearpond:20170219204847j:plain

最近、筋肉にキレが出たような、気がする・・・と。肩から腕にかけてのくびれ、が出た・・・と、ジムのスタッフにいわれた。お世辞のような気もするが、いわれるとうれしい。ウェストのくびれ以上に、正面向いたときに肩から腕にかけての「くびれ」はなかなか良いでしょ、出たら。デブってる時には単に腕が太いだけでごまかせちゃう部分だけど、この腕のくびれは筋肉が無いと出来ない貴重部位です。なんたって、Tシャツを着たときにその違いがはっきりするでしょー!さらにがんば。

がんばって薄着で外出してみた

f:id:bearpond:20170218202407j:plain

梅がけっこう咲いてます。 きょうは外は寒そうな人が多かったけど、思い切ってナイロンの薄いブルゾンにダウンベストだけで外出。たしかに、風が冷たい。けど、早足で歩けば暖かくなった。ずーっと静止してれば寒さを我慢できないかもしれないが、その程度の寒さだと思った。 薄着して気がついた。全く寒さを感じない服を着るのは心地いいけど、気をつけ過ぎなんじゃないか?ということ。防寒し過ぎなんじゃない?と、思った。少しでも風が感じないようにとか、首元を冷やすと風邪引くとか、ちょっとビビりすぎてたような気がした。 寒さ対策のコツ?というのかわからんが、「姿勢」じゃ無いだろうか?と思った。前屈みで寒そうに歩くと、絶対寒い。でも、背中起こして大股で歩くと、寒さ感じない気がした。 服の枚数が多いと、ジムや銭湯で着替えるときにロッカーに服を入れるのが大変になること。これ、すごいストレス。ダウンの時はぺっちゃんこになったので良かったけど全部処分しちゃったので、ウールのコートなんかきてジム行くとロッカーがパンパンになって、服を押し込む順序考えるの面倒。

f:id:bearpond:20170218203339j:plain

 

DEAN & DELUCAもAFTERNOONも卒業しましょう

f:id:bearpond:20170217182520j:plain

 道路にネギ発見。 端っこじゃなくど真ん中にネギ。堂々と。

新鮮なコラボレーションです。

さすがに拾って持ち帰る勇気はなかった。

 

きょうも見ました。 

f:id:bearpond:20170217184435j:plain

DEAN & DELUCA のトートバッグをもつ女子以上おばさん未満の方。

海外セレブが持っていた・・・というので一時、誰もが持っていたバッグ。これはもうイタいでしょう。ブランド名が入ったバッグはショップで買い物してもらって持ち帰りで持ってたら納得だが普段使いで持つのは「私。高級店で買ってるのよ」的メッセージありで悲しい。

きょうスーパーのレジ待ちで見た、このDEAN & DELUCA のトートバッグにビトンのバッグ、ニューバランスのスニーカーのおばさん。顔は怒ってるように「ティーカードは?」のレジ店員の言葉にそっぽ向いて。髪もばさばさ染めムラありで、アー、美しくないもの見ちゃった・・・。が、所作以外にカッコも美しくなかった。持ってる物はもう雑誌そのままの受け売りコーディネイト。だいたいが雑誌に載ってるからカッコいいなんて嘘を真に受けてコーディネートしちゃったらイタいよね。女性誌の受け売りって、おばさんはとくに気をつけてほしい。女は雑誌は美容院で見てると思うけど、雑誌の通りのコーディネートはダサいのだ、って反面教師で雑誌見ないと。

もう一つ、サザビーグループのアフタヌーンティーのエコバッグ。

f:id:bearpond:20170217185552j:plain

これ持ってる中年女性、多い。もうこれも、なんて言っていいか・・・高級ブランドではないが、サザビーというだけで自分には無理。海外のブランド(シャルル・ジョルダン)のデザインのエッセンスを堂々とパクるところが、情けなくも悲しい。そのシャルル・ジョルダン自体も真似されるほどいいデザインとは思えないところがさらに悲しい。f:id:bearpond:20170217190937j:plain

さらに、レスポートサック。 これも非常に多い。

f:id:bearpond:20170217192307j:plain

これ、機能バッグ。旅行バッグ。ってジャンルになると思うが、いろんなデザイン出してるし機能もばっちり。がんばってるブランドだけど自分が女だったら持つのは恥ずかしい。おばさん丸出しブランドだから。 

 日本人だったら、

f:id:bearpond:20170217193140j:plain

f:id:bearpond:20170217191440j:plain

これでしょ。これもってスーパーのレジ並んでたら、素敵な人!って思う。

筋トレと銭湯

f:id:bearpond:20170216224928j:plain

バレンタインでチョコもらった。 姉からです。冷蔵庫に入ってます。

きょうのジムでは 足をいつものように鍛えた。筋肉がマンネリになるからマシーンの順序を変えないといけないな、と思った。 平日の17時前後のジムって、何だか平和な感じ。自分独りの世界に居れるから、鍛えてる時間は好きだ。 一人遊びをたくさん持ってると楽しい。独りでできて健康にも良くて、っていうのは、筋トレと銭湯じゃないか?と思う。この2つの組み合わせは黄金の組み合わせじゃないか? なぜって、年齢関係なく日常でササッとできることだし。

趣味は筋トレに銭湯巡り・・ってのはまぁ、普通にあるな。 

f:id:bearpond:20170216224006j:plain

モスの誘惑に負けた。

新宿ー若者ー流れ星

f:id:bearpond:20170215001245j:plain送ってくれなくてもいいのに車で送られた・・・ここは新宿西口大ガード下。

f:id:bearpond:20170215001334j:plain

新宿は独特な雰囲気。好きです。場末感がある。ゴールデン街のせいかもしれないが。 

f:id:bearpond:20170215001440j:plain

温泉の銭湯に寄った。人、少なし。露天は風は冷たくて気持ち良い。

今日は発見をした。

夜11時も過ぎると、働いて帰ってくる人たちは20〜30代がほとんどだということ。つまり、4、5、60代は残業とか、夜遅くまで働く、とか、そういうことができないのか、しないのか、わからないが、夜遅くまで働くのは若い人、という事実であった。 別に朝遅く仕事はじめてる訳では無いと思うし、水商売だ、という訳で遅い訳でもないと思う。感じからして。だから、若い人の努力で日本が成り立ってるんだーーーときょう、実感した。 逆に、じじい達は若者に文句言ってるようではだめだ。いたわらねばいかん、と思った。

f:id:bearpond:20170215002019j:plain

家に着く一歩手前で空をふいに見上げた。月がキレイに満月だった。そしたら、明るい光が月に向かって流れた。ほんの0.3秒ぐらいで消えた。これは流れ星だろうか?ずいぶん空の遠くではなく、近いところで流れたような気がした。少し歩くと、右手の空遠くに赤い点が光った。ボールペンででつついたような点、そんな光。昔、流れ星は人が死んだら流れる、と聞いたが、そんな身近な人は居ない。

出番の無いヘビーアウターを処分

f:id:bearpond:20170211190746j:plain

きのうは冬、できょうは春、といった今日この頃。 東京では冬のヘビーアウターを着る回数は少ない。今年はほとんど出番の無いヘビーアウターを処分することにした。。とくに自分のように通勤じゃない人間は防寒着なんて数必要ない。 それできょう、買い取ってもらった。ウサギの毛皮と狐のえり付きトレンチコート!アラスカじゃ無いんだから重装備の服は東京じゃ必要ないのはわかてったんだけど、目的じゃなくて、服を見た目で選んじゃうから失敗する。 服はかなり減った。made in china も捨てまくったこともあり、いまはかなり少ない。

<冬物アウター&トップス>

コート4着 (HERMES, ANTONIO MARRAS)

テーラードジャケット1着 (HERMES)

<オールシーズンのもの>

ブルゾン4着 (HERMES)

スト2着 (HERMES)

カーデガン1着 (HERMES)

<パンツ(オールシーズン)>

スラックス7本 (HERMES, FERRAGAMO, DANIEL HECHTER)

ジーンズ2本 (HERMES)

レザーパンツ1本 (PAL ZILERI)

<シューズ>

ブーツ5足 (HERMES, FERRAGAMO,GUCCI, KINBERTEX)

シューズ3足 (HERMES, FERRAGAMO)

スニーカー1足 (HERMES)

 と、・・・かなーり少なくなった。

ブランドもメンズブランドっぽいのはほとんどなく、女性ブランドのメンズもの。同じブランドが多いのは、好きなブランドだからなのと、コーディネイトすると色と素材感が合う、というのもメリットがあるから。服はワイド150cmのハンガーにすべて入ってしまうぐらいの数。夏物は数に入ってないが夏物は下着のような存在であるので数えてない。そうそう、着物があった!着物は会社辞めてから着るかな・・・

グレージュってもう買わなくていいんじゃない?

f:id:bearpond:20170210220719j:plain

最近 「グレージュ」なる色がファッションの定番カラーになってしまった。とても無難な色だ。グレーがかったベージュで上品な感じ。しかし、ウール素材だったら雰囲気出るが、これがポリエステルやコットン、カットソーだと話は変わる。とてもババくさくなる。グレージュのポリのダウン着てるおばさん、街に死ぬほどいる。昔の、戦後のホコリの色。ナチュラルカラーと呼べば聞こえは良いが、着る方が上品に目立たないようにしたいのはよくわかるのだが・・・  無難に生きたい、飽きないで長く着たい、ということだろうか。グレージュだったら、ただのグレーの色のほうが全然素敵だ。グレージュを着てる人を悪くとると、全くのイメージだが、宗教の勧誘でもしてそうな人に思えてしまう。あくまでもイメージね。人物全体のトーンが土色のグレイッシュで、なんだかその人の個性というか、はっきりとした方向性がわからないので、その他大勢的な、団体的な、そんな感じ。 イケイケでカラー使っててチャラいぐらいのファッションだと逆に「普通の人」、って思える。人生いろいろ失敗もし、ちょっとの悪さも経験し、人情もあり、なんて感じがして安心する。  グレーが入った色の服はお顔や肌が素晴らしくキレイじゃないとバッチい感じになるし相当に美しくないと無理だ。同様に、カーキ系の色のコットンのミリタリーコートもジーンズに合わせて若いママさんがよく着てるが、お肌やスタイルに自信がなかったらやめたほうが良い。

日本の文化が人に地味な色を選ばせてる。一歩下がって、目立ってはいけない、お嫁さんはおしとやかでひかえめが良い、などと言われて。でしゃばりの色は非難の的になるから。

雪のように儚い4年後の計画

f:id:bearpond:20170210001759j:plain

こういうカッコは日本人には似合わない。顔が問題だね、やっぱり。

 

東京で雪!  雪の時って気温は低いのに、それほど寒さを感じないよね? 

 ジムはこの天気だからか、空いていた。いつも見かけるビルダーさん達もいらっしゃいました。雪でも嵐でも、通うことが大事。そうでなくっちゃね。

暇だったので、ロッカールームの洗面台にある血圧計で血圧を計った。

続きを読む

男だったらスーツの似合う体を造る

f:id:bearpond:20170207113631j:plain

同じようなツイードジャケットのスタイル。でも、何か、違う。何だろう?顔を隠したら同じに見えるか??・・・そうでもない。着てる人のボディーが違うのか?たぶん右のお方は日本人のほとんどの体つきだが、筋肉がたりない。スーツって、肩で着るって言うけれど、ボディーをかなり鍛えてないと洋服&スーツは似合わない。筋肉もそうだけど頭の大きさと肩幅の比例がキレイじゃない。肩幅がとても狭い。どのファッション写真を見ても日本人は頭と足(靴)がボディーより大きい。靴がすごく目立つ。背が低いのでボディーを鍛えるとヨコ広がりのスタイルになってしまうが、まだ、そのほうが洋服は似合う。

続きを読む

こんな嫌な人会ったこと無い。年寄り組

 

整理収納アドバイザー1級、という先生の講演を、姉夫婦と、縁があって聴きにいった。 主婦で2人の受験待ちの子供の、建築士2級をお持ちの先生です。 収納や整理に関する講演です。さばさば話す男っぽいお方。 年賀状は捨てなさい、とか、写真は自分がキレイなのだけとっておきなさい、とか・・・。 満席で、2時間の講演。楽しかった。 話変わって、姉の旦那・・・義理の兄になるわけだが、この人について書きます。 会った時から悩んだ。なぜなら、自分が今までに会ったこと無い、嫌な感じの性格の人間だった。 姉の旦那だからしょうがないが、知って3、4年、一言で言うなら、非常にわがまま・子供・単細胞、意地が悪い。そんな彼は70歳。人生、穏やかになってもいい季節。包容力もあってしかるべきだと思うのだが。 話しに深入りすると、たいがいに、言葉尻の間違えを真顔になってしつこく攻めてくる。たとえば「した」と「された」の間違えを受験塾の講師のように「そこはそうじゃないだろ!」と、必ず、攻め込む。そこはスルーするだろう?普通? こんな事件があった。まえ自分が浅草に住んでるときに気に入ってた食堂に一緒に入ったとき、ステーキの焼き加減を聞かなかった、と怒り(下町のキッチン食堂で焼き方聞く人なんていない)、別のレストランでは注文したものが写真と違うと(ほんの少し大きさが違うだけ)ウェイトレスを呼んで文句を言い、今回、聴いた講演では2時間を20分オーバーしたからといって声に出して、もういいんじゃないのー!と言い出す。楽しい雰囲気が台無しになる。姉も、そんなことは百も承知で気にならないから一緒に居るのだろうが、なんでこんな奴好きになったんだろうと、人ごとながら不思議に思う。周りを不愉快にさせるわがままな奴を好きな姉も、同類のような気がして嫌いになる。しかし少なからず、同類なんだろう。自分は近くに居ると嫌な気分になる。知らない相手だったら絶対に付きあわない人間なのだが、不思議だよなー、と思う。人が嫌な気分になるだろうな、ということを考えない人なんだ、と思う。また、目下、というか、下の立場、年下、の人間に、意味なく意地が悪い。これは、人としてまずいんじゃない? たとえばレストランのウェイトレスや、下町の食堂、自分。 こんな「わかりやすい嫌な人」って普通なのかなぁ? 普通でみんな、良いところだけ見て我慢してつきあってるのかな? たいしたことないのかなぁ? こういうことが、人を嫌いになるに十分な要因だと思うのは自分だけだろうか?

そういうこともあって、自分、年寄り、嫌いです。いや、正確には、自分を客観視できず年とって人に不満一杯の年配。「いやいや、穏やかなお年寄りもたくさんいいますよ」というかもしれないが、若い人とくらべて視野が狭いし融通がきかないし。テレビ観てても、自分がされたことのように文句言ってます。負のエネルギーの連発。なんでだろう?脳が萎縮しちゃうんだろうか?自分も周りも幸せになるには「笑顔」でしょ?やっぱり。頭を柔らかくして時代と流行に添っていくほうがいい。AKBも乃木坂も知って時代を楽しまないと。あ、気がついたらここで自分もここで文句書いてるから同じ年寄り組かー?

f:id:bearpond:20170207010021j:plain

デッキシューズ

f:id:bearpond:20170131013422j:plain

デッキシューズを買った。このシューズはあまり好きじゃなかった。でも履いてみると、意外と何にでもあうことを発見した。もちろん服はカジュアルでないとおかしいが、布じゃなくて皮革だったら意外とスーツでも良いかも。マリンテイストの強い靴だけどネ。

 

違います、これはネットからの画像です。自分じゃないです。。。

 

f:id:bearpond:20170131013618j:plain

先週、上野に行った。でかいなぁ、上野って。

f:id:bearpond:20170131013733j:plain

 

「徳」 とは

精神や道徳的に、すぐれた品性や人格 良心

 

と、あります。

  徳のある人とは、「品格」があり、「恥」というものを知っていて、他人を尊重する気持ちを持っている、そういう人だと思います。誰が決めたわけではない、本来、人は持って生まれたルール、感性と言ってもいいですが、先天的にそういうものがあるはずです。しかし、自分の世界を守るため他人を排除することで人に迷惑を与えていることに気がつかない。他人を殴ってるわけではないのだから問題ないのだ、と。悪い人間がいるように、徳のない人間はいる。そういう人間に徳を高めてください。といっても意味はない。、もともと、その人にはそういう部分があり、何かのきっかけで露呈したにすぎない。

 人の見てないところで、知られずに、良いことをすると徳が積まれる、、などと、親に言われた。

 友達が「だって悪い人間なんていないんだから・・・」とよく言っていた。自分はそれは違う、と思っていた。何が悪いかは人それぞれの程度があり、どこまでが良くてどこまでが悪いのかと言った境界線があるが、だが、それも含めて悪い人間は絶対にいる。後天的に悪くなったりも含めて。ただ、ジャッジする基準点がはっきり言えないのだ。どこが良心のゼロ地点なのか? そこからマイナス10まで行ったら悪で、プラス0だったら善で、と、その基準点をはっきり言えない。基準点は自分で決めるしかない。ここで言う悪い人間とは、裁判で死刑を言い渡される人間のことではなく、「徳」の無い人間のことを言う。良心が薄い奴、もしくは無い、人間のことだ。「徳」なんて、普段考えないが、非常に大事なことである。しかし、「徳を積むためにどうするか?」などと考えるのは大きな間違え、なぜなら「徳」なんてものを意識しないでも良心のある人間であるべき、であって、徳を高くするためにどうするのか?ではなく、自分をつねに律する生き方をするにはどうしたら良いか?が重要であって、目的が違ってしまうからだ。

 人を区別・差別するのは良くないと小学校で教わったことがあると思うが、それは大きな間違えだ。「だって悪い人間なんていないんだから・・・」と言った友達の根拠の無い甘ったれた人間讃歌的な考えで生きると、運命論的な、受動的な生き方になってしまい、人間関係でトラブっても自分が悪いから、と、相手を尊びすぎて自滅の考えをする。これでは、自分自身がかわいそうなのである。いいカッコしい、とか、人から良い人に思われたい、と言った気持ちが「だって悪い人間なんていないんだから・・・」という言葉を吐かせる。

 スマートフォンの普及により、歩きながらスマートフォンをする人間が、かなりいる。誰もいない場所で歩いてするには、どうぞ、というが、この、歩きスマホをする人間は「徳」がない人間である。この歩きスマホを自分なりにウィキペディアすると、

「公共の場所で人と自分の安全に無関心でただの快楽に依存する悪行為」

と、決めた。

若者が、ゲームやSNSをやりながら歩いています。すれ違う人間を上目で感じながら。しかし、その行為をやってくれたおかげて、良かったと思うことがあります。

 普段、人の判断、区別するのは非常に難しいのです。人それぞれが、この人間は良い、この人間は悪い、と自分の中だけで区別する基準、それが曖昧だった昭和時代はパチンコと競馬をやる人間の徳の無さだけは小さいながらも感じた。その昭和も終わり、平成になり、逆に言うと現代はとてもわかりやすくなりました。それがこの歩きスマホです。だから、どんなにハンサムでも美人でもオシャレでも仲間から人気があっても、この行為をやっている人間は自分の中で「徳」の無い人間だと、とてもはっきりと区別できるのです。

一度でも、徳とは何だろうか?良心とは?人として人と関わるとはどういうことだろう?自分の人格は徳のある人格だろうか?そういったことに疑問を持ったり考えたことがある人は歩きスマホなど、人としての「恥」というものがあり、やらない。f:id:bearpond:20170128144148j:plainなかなか良くかけてるでしょ?このイラスト。こういう風に歩いてるよ、そこの皆さん。ほんとにかっこわるい。見た目も良くない。猫背で自分の世界に入って。退屈な通勤通学の道すがらに、ながら歩きのまま部屋のドアを開け一日中画面の中で生きて終わる。いま、この瞬間の外の世間の空気、音、風、排気ガス、月、見えない星、人の動き、人の体、人の目、建物の状態、車の速度、おそらくそういったものがすべてを意識せず一日が終わっていく人たち。動物的な「感」が少しづつ失われていき、すべての五感ともう一つの六巻が退化する人たち。そして脳のある部分が、野生であるべき部分が消滅してゆく。

誰か、徳がわかるゲーム作ってくれないだろうか? 歩きスマホすると徳がマイナスになっていく。スマホをしまって歩くと自動で徳が上がる。自分の徳がスマホをして歩くと下がる。・・・だめか。いや、自分はゲームが大嫌いだったのを忘れていた。

自分にとって肉体は、精神より、ずっと魅力的である

f:id:bearpond:20170125194357j:plain

生きてるだけでいいのだ。なんてのは、だめだ。接客業をやったことがある人なら、仕事場の先輩にうるさく指導された経験があるに違いない。喋り方、笑顔の作り方、姿勢、歩き方、ファッションセンス、もう、きりがありませんが、好感を持たれる所作というものがイキイキ生きていくために、これほど大事なものはないな、って思います。感じのいい人、っていうのは、人を幸せにします。感じがいいってのは、非常に難しい訓練がいります。常にフカンで自分を観察できて自分のだらしなさ、自己流の生き方に疑問を持っていないと、人から感じがいいね、とは思われません。 感じのいい人に会ったら、「あぁ、すごく努力してるんだなぁ、偉いなぁ」と思い、その気遣いにほれます。何も努力しないで感じのいい人であるなんて、ありえません。 最終的には人から教わって身につけることではなく自分の感覚をいつも鈍らせないようにして、かつ、自然体でいること。しかし、人に言われないとわからない人がほとんどです。だから、若い時に、接客業をやって客から怒られたり前向きに改善しようとする人などは、どうしたらいい感じに見られるかが直感で分かってくるのです。人間的にいい人になる必要なんて必要ありません。内面が根性悪い性悪女でも、怠惰な生活で太って猫背で毛玉だらけのセーター着て平気で外歩く女より、所作がきちんとしててファションも姿勢も声も所作が人に不快感与えなければ、それでいいのです。

よけいなお世話だと言われそうだが、70代後半ぐらいの夫婦がモスバーガーにたまにくるが、その娘らしき女はたぶん40代中頃、猫背のデブで眼鏡で直毛の毛に、毛糸で編んだ毛玉だらけのベージュのコートにウールのスカート、汚い靴・・・映画のキャラで出てきそうな、お見事なダサいスタイル。夫婦のほうのファッションはいたって普通だか女の肌は汚く、声が汚くうるさい、親父は汚い色の上下でスボンはずる下がり、死神博士のような白髪の髪。 いや、どーでもいいです、関係ない人のことだから。でも、不思議なんです。そういう人たちって人生の楽しみを捨ててる気がするんです。それに、汚らしい感じ、って迷惑じゃないですか?電車で隣に座られるのは嫌でしょ?隣に座るのはキレイな子か、キレイにしてる紳士、淑女がいいに決まってます。 スーパーのレジで後ろに、前に、汚いのが居たらやでしょ? 嫌じゃないのかなぁ、みんな・・・?

レトロ感満載でボロボロで狭く汚らしい食堂ってのが、なんとなく実は美味しそう!という逆説的な理由で入って食べると、全然美味しくなかった。。という失敗した経験を何度もしました。映画のセットのような店、いい感じの看板、ホコリのかぶったガラスケースの中の食品サンプルのメニュー、古くからある路地裏の名店?頑固親父の店? そんな美味しそうワードに魅かれると、とんでもない間違えをする。 見た目のギャップ、ってやつ。人も、店も、外見が汚いと、中身も全部、本当にまずくて汚いのだ。間違いない。

f:id:bearpond:20170125190945j:plain

こんなカッコでトレーニングしてます。最近のウェアは黒が多くて地味です。夏にはもっと派手になるかも。とにかく、下半身を中心にトレしてます。年とって、よちよち歩きの老人には絶対ならない。姿勢も猫背で前屈みのジジイにはならない。そのための下半身のトレーニングは苦しくて長い道のり。下半身をやってる人、少ない。キツいからだ。だいたいは大胸筋かバーベルやってる。上半身はトレーニングをやった気になれるからだ。対して、ハムストリングのマシーンはキツイ。ダンベル持ってやるヒンズースクワットより、最近はランジといって、12〜15kgを両手にもって踏み出しスクワットでケツの筋肉を鍛えるのに集中してやってます。でも、これも結構キツイ。でもキツいのってナチュラルハイな感じと爽快感ありで非常に楽しい。

f:id:bearpond:20170125191907j:plain

「自分の体は自分のもの」と、当たり前のことだが、「精神」の入れ物が「体」。だから、からだを健康で丈夫でかっこ良くしないと精神は正しく宿らない。体をいい加減にしてると自分に対して、だらしないことしてるわけで。いっくら頭で勉強したって、体が貧弱じゃあ、何のための肉体をもって生まれたのか、わからんじゃない?肉体おろそかにしてるんだったら肉体、いらないじゃない? 萩尾望都先生のなかでも大好きな漫画「スターレッド」の火星人、星(せい)は、感応能力があり、目は退化しテレパシーでものを見て、実は肉体というものは必要ないわけだが、そういう生き物に進化か退化するのなら、肉体は必要ないだろうが、あくまでSF漫画の世界である。結論は、自分にとって肉体は、精神より、ずっと魅力的である。

 

タバコをすうな!

 

 

今日は、朝起きられなく昼前までベッドの中。。風邪っぽい。会社のタバコの部屋のせいだと思う。気持ち悪い感が、ずっと残ってる。飲食店は全面禁煙になる?とかニュースにあったけど、分煙がだめになった、ということでしょうか。個室の喫煙室をもうければよい、ということだと思うけど、それでもタバコすった人からニコチンの匂いがするのはどうしたらいいのだろうか?道路なら堂々とタバコすって良い、と思ってる人がいるなら、それは大間違えである。煙は道の空間に漂っていて、煙草を吹かしてる奴の後ろを歩くなんてできないので大きな迷惑なのである。

♩タバコの匂いのシャツに そっと寄り添うから〜

なんて聖子ちゃんの歌も、歌だけの世界ならロマンチックだけど。

f:id:bearpond:20170124200109j:plain

SEX AND THE CITY のSeason3からの主人公の恋人、エイダンは、たばこが生理的にだめ、という設定。主人公は自分の上司と同じくキチガイのようなチェーンスモーカー。ドラマで観ててもいいかげんにしろ!と言いたいくらいバカみたいにタバコ吸う。その恋人がタバコ嫌いという設定で、うれしい。主人公は、恋人がタバコ嫌いだから自分がタバコやめるなてばからしい、って言ってる。くだらない意地。人に言われてやめるとか、恋人が嫌いだからやめるとか、そういうのはプライドが許さないという人種達。じつにくだらない。これは、タバコだから問題になるのであって、他のプラーベートな趣味をやめて、とか言ってるわけではないのだからして。もし、これから自分に恋人ができたと仮定する。そいつがタバコ吸ってたら、やめないと一緒に居れない、と言う。やめなければつきあわないだろう。それくらい問題がある。