おとこひとり

BEARPOND[ベアポンド] ゲイ 1957年東京生まれ・在住 無宗教・無信仰・嫌煙 Mac在宅デザイナー ■話し好き。笑わせるのが好き。 ■自分大好きのナルシスト。自分がまあまあ最高だと思っている。自分がおもしろいと思っている。 ■銭湯・スパなど、裸になるところが好き。 ■酒好き。飯をたくさん食うヤツが好き。カラオケ好き。 ■イビキ・パチンコ・競馬・賭け事一般・ゴルフ・野球・などは嫌い。 ■洋服大好き。雑貨好き。買物好き。HERMES 大好き。女の所作にはきびしい。

観察者の観る行為で状態が変わるという量子力学を信じるか?

f:id:bearpond:20180429153427j:plain

この本によると、

「怒り」で活発になる脳の部位は、「恐怖」で活発になる部位と、同じ!

だそうです。

言い切ってますので、そうだ、と言うことです。

こう続きます。 電車に乗っている人たちの「脳」に「怒り」が充満していると、そこに乗り込んだ場合、その人達の「怒り」に自分に感染し、同じ部位にあることから「恐怖」を感じていると誤解して、心拍数が上がったり、汗をかいたりする、と言うことです。

たとえば、怒りに狂っている上司に対し、その「怒り」に感染して、関係ない「恐怖」を感じてしまう、つまり、こんな馬鹿な上司など怖くないのに、上司の「怒り」がコチラに感染し、「恐怖」と間違って脳が感じてしまう、というもの。なるほど。これは使える。「怖い!」と感じたら、もしかしたら怖いのではなく怒りかもしれない。何かに怒っているのかもしれない。ということ。

これは とてもおもしろいと思うし、説得力があるな、と思った。

いまヒマつぶしにYoutubeの動画観ているが、たまたま、「量子力学」に「関する動画が多々あった。物理学と対局にあるような考えであることもわかった。

量子論(力学)でいうと、物体はすべてエネルギーで極端に言ったら存在しない。この世はバーチャルリアリティーである、と言う説である。

さらに、「量子もつれ」という現象があり、どんなに離れた状態の量子同士でも、同じ状態になるというのだ。さらに!「光子(ひかり)」による実験によると、「実験者(観察者)が光子の状態を目で観る」ことによって光子の状態に影響が出る、と言うことがわかったそうだ。これは信じられないことだと思う。 ただ量子を観ただけでその量子の行動に影響がでるなどどは・・・

つまり、観察者の「観る」といこういによって物質(実はエネルギー?)の動きが変わってしまう、と言うことだ。(オカルト的にいうとテレパシーなどの意味合いを含んでいるという)

観ただけで変わる。

これは物理的に解明できない部分であるから、いまは量子力学とはいえオカルトとして処理されるが、さっき書いた電車の中で「怒り」が充満している場合、それに影響されるとうことは、量子力学で説明がつく。

また、離れている人を「じ〜」と見た場合、その人がコチラの視線に気がつく経験は誰もあるはずだ。視線を向けているだけでだ。これはどう説明つけるか?

 

この世界が仮想現実であることを示す証明式 - YouTube

  

人情:京都殺人案内・藤田まこと

f:id:bearpond:20180429143626j:plain

f:id:bearpond:20180429143636j:plain

「京都殺人案内」は、1979年から2010年に藤田まこと主演で土曜ワイド劇場(テレビ朝日系)で放送されました。・・・ということですが、いま、CATV銀河テレビで放送してます。なつかしい。

藤田まこと といえばもう亡くなって久しいが、いまのテレビの刑事ドラマには無い「人情もの」が得意であった。

たぶん皆さんのおじいさんの年齢であろう藤田まこと。30代の人には接点は無いだろう。

はぐれ刑事純情派」と言うのもあった。

「人情刑事もの」はいろんな作家が書いているが、松本清張を筆頭に共通するのが、普通の人が悪い奴らに苦しめられ、愛するものを奪われ復讐する・・・その悲しみ、宿命。

人間の感覚というのは年齢で変わるのだろうか? 進化か退化か? 

「人情」というのは昭和生まれ以前の人にしかわからない感覚ではないだろうか?と思った。最後の救いが「人情」? 安心して話せる人は人情がある人。

「人情」とはその人と悲しみを共有できる、ということだろうか?

 

 

ゆっくりソファーに横になれないトラウマ

f:id:bearpond:20180425213503j:plain

思い出したこと。
ソファーにゆっくりねっ転がったり座っていられない自分。
なぜなんだろう?なんて考えたこと無かったけど、子供の頃に親にコタツ&座布団上でだらけていたら、

「何ダラダラしてるの!しゃきっとしなさい!」

と怒られた記憶があるからだと思った。だからフカフカの椅子やソファーでダラーっとできない。

こういうのをトラウマというのだ。

ある女性のブログに、

「自分は高い服が買えない。昔親から“何そんな高いもの買って!”としかられたから」ということが書いてあった。

大人になってもショッピンで高級なものを買うのに罪悪感が出るのは子供の頃に親がしかったせいだ。これはトラウマである。親が不条理に子供を洗脳していくのである。

しかし、こういう小さなトラウマはたくさんある気がする。ほぼ親による間違ったしつけが原因だ。誰でも間違ったことをされてきている。その親も自分の親から間違ったしつけをさせられてきたのだ。

そう考えると親に対して無性に頭に来る。

子供は親の支配下にあって意外に反抗できないものなのだ。もう死んでしまった親に今さら頭にきてもしょうがないのだが、自分の親だからと言って美化はしたくない。

でもよかった。自分、子供なんて嫌いだし結婚もする気もないしそう言う意味ではトラウマになってしまう被害者(子供)がひとり、自分の血縁から出ない訳だから。

f:id:bearpond:20180408150152j:plain

1日3食は多すぎる

f:id:bearpond:20180411193035j:plain

1日3食食べるとすると、食事と食事の間の時間が5時間ぐらいの間隔であるから十分消化されていないまま次の飯が体の中に入って、胃から腸がミルフィーユのような状態であると想像できる。

ずーっと胃が運動し続けてることになる。

1回ごとにウンチすれば体の中に老廃物がたまらないから、1日大便一回では少なすぎると思う。ちなみに自分は食事するとすぐ行きたくなるので、1日に何回も行く便所へのアクセスが大変重要である。

1日3食は規則正しいと思っている人が多いが、いまは疑問視されている。

1日3色は食品会社の販促で考えられたフレーズと聞いたことがある。

老化の速度を遅らせるには1日に1食ぐらいが良いと思う。なぜって、理屈から言って、胃腸が収支活動を強いられているわけだから、限られた活動が急速に進み老化が進むに決まってる。

自分の上司(以前書いた、女サイコパス)は、兄に3食しっかり食わせているとドヤ顔で自慢しているが、聞いたらその一回の食事の量が半端なく多い。運動もせず動かない70過ぎたおっさんに3食ガッチリくわせてるって、不健康。もちろんその兄(男)も上司も太っている。運動もしないで食うのは食い過ぎである。

いまの自分には無理だか、「3食食わないといけない!」と思うことがストレスになるので、食事なんか腹が減ったときに食う、そんなテキトーでいい。

f:id:bearpond:20180411193117j:plain

たまに行く中国料理で。

給仕の女が早口ででかい声で中国語でうるさい。どこの中華もうるさくて同じ。中国語が耳障りなのかしゃべってるヤツがうるさいのか。うーん、両方。

 

人から自分を守るには「人の目を見ない」ことであった

f:id:bearpond:20180416223943j:plain

ふと、気がつきました。
人間関係には会社、家庭、友達、他人などいろいろあるが、

マナー違反や不条理、嫌なことから避ける方法を見つけたのだ!

 

それは

 

   [ 人の目を見ないこと。]

 

簡単なことだったのだ。


日常生活で危機管理上、変な人がいないか注意するためもあって、車内で、歩道で、スーパーで、いろんなところですれ違う人もただ立ってる人も、人を見てしまうクセがついてしまった。

人物の中でも人の「目」を見てしまうと何かしらの影響が発生してしまう。イメージでいうと見た相手の顔の周りから白く濁った不透明な薄いゴムのような伸び縮みするものが自分の周りに向かって伸びてくる、そして自分と同化してしまう、そんなイメージだ。

特にマイナス感情を持った相手の目を見ることで良くも悪くも相手と見えないところで繋がってしまうのだ。

しかし、人をまったく見ないわけにはいかないので、なんとなく視界に入る程度で歩ける訓練さえすれば、普通の生活は大丈夫だ。

人から自分を守るには「人の目を見ない」ことであった。

男が好きなの?女が好きなの?どっち?

f:id:bearpond:20180426020459j:plain

Gayの世界でも 「オネェ」は特別。

普通の人は 女言葉のアレらが普通のGay(ホモ)だと思ってるらしいが、マツコやIKKOみたいな営業オネェはおいといて、オネェ言葉で薄化粧してる奴らは女というものになりたい、女として(リアルな男に)扱われたい、っていう者達で自分たちとはまったく違う。

女性はそんな女っぽい男(オネェ)は許すが、男らしいGayは気持悪いと拒絶する。

オネェは、女として扱われたい、女になりたいGayだから、あえてオカマと呼ぼう。

オカマは悲しいものがある。

いくら女装してもチンポ切っても、見た目が女になっても、戸籍かえてニューハーフになっても、しょせん「男」。「女のようなもの」になっても一生ホルモン注射して女を維持しないといけないのだから。

(ちなみにニューハーフって言葉はサザンオールスターズの桑田が発した言葉)

 

性同一性障害というのはいったい、どうしてできた言葉だろうか?

体は男(女)で心は女(男)

これって障害じゃないよね? と思う。

こんなの心の奥には誰でも持ってる部分だし、ただその思いが強いか弱いかの差。

性同一性障害者はホモでもレズでもバイでも女装でもオカマでもないらしいよネ、文献によると。 病気だから我々のように変態の仲間じゃないのよ!って言ってるわけだろうか?

カミングアウトするなら、言葉をオブラートに包んで「実は・・自分、性同一性障害なんです!」って言ったら、ただの病気なだけでホモでもレズでもバイでも女装でもオカマでもなく、自分でも嫌なんだけど病気なんでしょうがないんです〜!っことで、変態扱いされなくて言いやすいかもね? ・・・なんてね。

どこかの誰かが 病理学的にホモやオカマのことを名付けましょうか!?といって付けた名前じゃないの? 何でも病名付けるの流行ってるし。

障害じゃないんだよ、病気じゃないんだよ、そーでしょ?

だから そんな病名をどこからか知ってしまって、自分自身を障害者です!だからみんないじめないでーって、ちがうでしょ。

  

自分に言わせると、

体は「男」で心は「女」の人は=オカマまたはオネェ

:性対称は「男」

体は「女」で心は「男」の人は=レズタチ(タチは男役ってこと)

:性対称は「女」

これで簡潔。

 

しかし、ここまで書いても何だか複雑すぎる。

だから、簡単にして、

「男が好きなの?女が好きなの?どっち?」

で、その答えでホモかレズかバイか女装かオカマかノンケか判断すればいい。

だから、

「自分、性同一性障害なんです!」なんて言うヤツがいたら

「カッコつけてんじゃねーよ!」って言ってやる。(心の中だけで)

 

しかし こういうこと書いてると、わかったことがある。

偏見は、外にあるのじゃなく「自分自身の中」にあるのだと。

自分が偏見と言う感情を持っているからこそ気にするあまりに、性同一性障害などと言う言葉が生まれた。

 

以下は、かのアインシュタインが言っていたと言う言葉である。

”常識とは18才の時までに持った偏見のかたまりである”

”常識とは大衆がもっている無知である”

 

別れる理由 ふられる理由

f:id:bearpond:20180423160947j:plain

大型連休が始まってます。

狭い日本、めぼしいところには人、人、人・・・

サービス業は休めなくて辛い週間ですね。

 

みんなと同じ日に休めないから恋人ができないー!って言ってる人、います。

休みが合わないのが原因で 別れた・・・・って。

そお?

それ理由になるのね?

最近知った、それが別れる理由になるって。

でも、たぶんそれは言い訳。

「相性」っていうのがなにより大事。

相性の合う合わないは DNAレベルである。

だから、恋人と別れたい場合には

「君とはDNAの相性が悪いみたい。ゴメン」って言う。

でも「最低なヤツ!」っていわれる。

でも別れる相手に「良い人だったね」・・・って思われる必要ないから変な理由をあれこれ考えないでキッパリいうのがスッキリするというもの。

ふられる場合も同じように言われた方がいい。性格の不一致とか、生活スタイルが違うとか、あーだこーだ理由言われるより後味がいい。

生きて来た長さ=年をとった:ではない。

「もう年だね〜・・」なんていう人が、20代30代だったりするの、

どう考えてもおかしくない??

最近はませた小学生のガキが「もう年だからぁ〜」なんてほざいたりする。

自分60だけど「もう年だよなー・・」なんて思ったことないし謙遜で言ったり同情求めたり書いたりも絶対しない。

そうグチると自己暗示でほんとにジジイになってしまうと思う。

つまり、

「もう若くない、もう年だし自分・・・」っていうのは、

若い時の自分が忘れられない人。

若さに対してコンプレックスをもってる人。

今の自分を好きじゃない証拠。

まだ30代40代50代なのに年をとっていくことが嫌だ、怖い、辛い、などのコンプレックスがある人。女性には多いと思うが、

その思いが「もう年だからさぁ・・・」という言葉になって出てくる。

劣化を年齢のせいにしている。

年齢が高くなってもボディーや肌や体力などが衰えない人もいます。そう言う人は自分自身を鍛えてケアを怠ってないのです。だから、年を取ると衰える、というのは自分のケアができてないだけで、生きて来た長さではないのです。

もし体力や肌が衰えたと実感したら「年なんだ」じゃなくて

「十分なケアをおこたってた!まだ○○代なのにヤバいね。」

と、面倒だが、こういう言い方がふさわしい。

 

シミ、シワが増え体力が衰え白髪が増え・・・でも、だからと言って自己卑下は危険です。謙遜して言ってる人も多くいるけれど、そうじゃなかったら誰かに「そんなことないですよ〜!全然、若いですよ!」って言われたいから言ってるだけかもしれないが。

 

たとえば70才80才の人を前にして3、40代の人が文章なり言葉なりで「自分、もう年ですから〜」なんていったら大変失礼であるわけです。「じゃあ70代80代の我々はもう死んでるも同然ってこと?」と、思われてもしかたないことです。

 

そう、ちょっと批判になっちゃいますね・・・

でも「もう若くないね〜」っていうことば、受取り側がその本人より若い場合には、成立する言葉だと思うが、読み手が年上の場合、「若造が何を言ってるわけ?」と、なる。だから、自分のためにも人のためも「もう年だから・・」とは言わないほうが良い。

f:id:bearpond:20180423152305j:plain

 

友達は酒が呑めてたくさん食えるヤツがいい

お酒を飲めない人は、からだに分解できる酵素が少ない・・・などがあるので、

無理しての呑まないほうが良い。

糖尿とか通風とかの持病持ちのためお酒禁止の人もいるけど。

 

 

たまにいく焼き鳥屋に行ったが、すげ〜〜混んでた!

テニスの帰りの打ち上げ団体が土曜には来るのだと言う。

失敗した!あまり混んでるのは好きじゃないから。

でも、自衛隊だと言う口の達者な者(45ぐらいか)と話が弾んで楽しかった。

 なかなかの口上手である。 人は良い人であろう。

 

それにしても、周りにいる友達は酒が弱くて食が細くて飯をくわない。

あるいは結婚してるため帰ってから家で飯を食うため料理をたくさん頼まない。

あるいは結婚してるためお小遣い制のためオーダをおさえてたくさん食わない。

 などなど、一緒にどこかに行くには無理なヤツばっかり。

 

酒が飲めない、料理は頼まない、ってヤツが多すぎて

居酒屋に誘いたいけどこれでは全然たのしそうな予感がしない。

なんだか同じようなことを書いている気がするが、

自分が一番うれしいのは、

 

1)酒が飲める:呑んべぇである。

2)飯をたくさん食う:好き嫌いが無い

3)遠慮しないで呑み食う

4)しゃべりが楽しい

 

希望はたったこれだけである。(多いかも?)

ひとりでも楽しめるのだが、やっぱりふたりのほうが楽しい。

f:id:bearpond:20180307162941j:plain

ササミ梅肉 うまい!

f:id:bearpond:20180307162912j:plain

いつも桜島のお湯割り。

 

芋焼酎「赤霧島」にしました

f:id:bearpond:20180411194321j:plain

呑み屋でしかお目にかからないお菓子。 カワイイ。 保育園で出てそう。

最近 焼酎を「赤霧島」にかえた。芋焼酎である。

米焼酎「しろ」は味が無さ過ぎて呑んだ気がしない。

JINRO(眞露)は合成酒みたいで二日酔いがひどい。

 

白霧島 赤霧島 黒霧島 とあるそう。

白が一番高いらしい。

黒霧島でも良いのだが、赤霧島を買っておいてくれるよう頼んだ。

赤霧島は普通うのボトルより容量が多いのでボトルキープが¥6000である。

ささやかなこの人生:風 1976年

来週42才の誕生日を迎える若者が呑みに来た。

ジャニーズのあおい輝彦似の肌がツルツルピカピカの若造だ。

シャンパンで乾杯しドリカムのHappy Happy Birthday を歌ってお祝いをした。

カラオケで、その若造が「風」の「22才の別れ」を歌ったので

「風」が好きなのか?と聞いた。

「風」の歌の中で好きな曲があるが歌えない、というのでどんな曲か?ときいたら

「ささやかなこの人生」という歌だという。

自分はリアルタイムで「風」を聞いていたので知っていたので歌った。

最後、高くなるんだー歌えないなーと言っていた。

曲が終わってモニター画面に曲の発表年が出る。

1976年であった。

その若造の生まれた年だった。

f:id:bearpond:20180420170235j:plain

f:id:bearpond:20180420170057j:plain

f:id:bearpond:20180420170104j:plain

f:id:bearpond:20180420170110j:plain

菜々緒(ななお)とは?

f:id:bearpond:20180418212802j:plain

菜々緒(ななお)の連ドラ、「ミスデビル」が始まった。

ちょっとおもしろそうなので録画してみた。

菜々緒のイメージは、生意気な女、[S]な女、と言うイメージだが、女からは人気があるのだろうか?

自分は「女」を性的には観れないので冷静に判断できると思う。

普通、見た目がおっとりしていて庶民的で笑顔が似合う、そう言う女が人気があって安心できて良しとされてるが、

実は菜々緒のような女が一番自分に厳しく人に優しい。自分に自信をもち堂々としている女、である。

CGのようなスタイルの菜々緒

ただ優しそうなだけの女はつまらない。菜々緒のような[S]の匂いのする女はとてもおもしろいはずだ。

自分が無理な男 WARST 11と良い女とは?

f:id:bearpond:20180411183143j:plain

自分は男だけどGAYであるから男の見方はノーマルな方々と違う。どっちかいうと女子のそれと似ていると思う。

<自分が無理な男 WARST 11>

 1)ワキガ・口臭・体臭がキツい

 2)イビキがひどい

 3)パチンコ、競馬、ゴルフ、野球、車、がとにかく好き

 4)異常に気がきく(細かい)

 5)ジャニーズ系

 6)肌に吹き出物がたくさんある

 7)超ヘビースモーカー

 8)結婚している

 9)酒が呑めない

10)食が細い

11)声が高い

 

1〜3はどー転んでも絶対無理。友達でも無理。

4〜7は3m離れていればガマンできる。

8〜11は異常に人数が多いので対応を検討しないとむずかしい。

11はアニメ声男子と言う感じのことでまぁまぁ無理。

 

<別の見方から検証する良い女>

スマートフォンやってる時の女の顔はブスすぎる。自分で気がついてないだろう? 恐ろしく無防備で口角が下がり表情は意地悪そうで家のトイレで気張ってるようなひどい顔だ。男はほぼ普段と変わらない。いかに女の無防備な素がひどいか、ばれてしまう。スマートフォン見てる状況で品のある顔や姿をキープできていたら「良い女」だ。