おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

2019-09-06から1日間の記事一覧

「冥界からの電話」佐藤愛子_酷評

佐藤愛子、という作家は、名前は知っていたが読むのは初めてであった。帯に95才と書いてある。いい年だ。作家が好きなわけではなく、本のタイトルに引かれて買ってしまったのである。この本の批評を書こうと思う。 内容は、ある少女が事故で亡くなったあと…