おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

★お気に入り

スポーツは差別と独裁者を生む

1964年 昭和39年10月10日 東京オリンピックがあった。 このとき小学生ぐらいになっている人は何となくの記憶があるだろ? 自分は競技をしている人の姿はおぼえていないが、マラソンは甲州街道の折り返し地点で見た記憶がある。他は、すべて市川崑…

フェレットに咬まれて17年間闘病

かわいそうなニュースだった。 それは、こんなニュースだ。 「公園にフェレットがいる?!ということで捕まえに行った警察官がフェレットに咬まれ、17年間闘病の末、きょう亡くなった・・・」というニュースだった。 ちょっと・・・これはある意味、とても…

量子と意識の関係

何のTV番組か忘れたが(たぶん世界なんとかニュース?とかいうの)ビートたけしと所ジョージが司会の番組内で、 たけしが、 「過去をふり返って、どうのこうのって、そういうのに振り回されるのは意味なくって、実は、「過去」ってのは無くて、それは幻想で…

「ステキさ」を捨ててしまう自称ミニマリスト

こういう部屋が好き。こういう部屋に住みたい。 味覚で言うなら「うま味」のある部屋。とでも言いましょうか? 例えば、ミニマリストと称している人の部屋は、出汁の入って無いみそ汁のようなもの。 ラグやアートや布を、一気にどこかのインテリアショプでに…

貧困と貧乏

連休だったの? という11月の始まり。 コンビニ強盗のニュース。 きょう東京町田市で、42才男が店のカッターを突きつけ3万7千円を奪った・・・が、また店にもどり、「このくらいの金では生活の足しにもならないと思った」と言い、警察に現行犯で捕まっ…

自分の知らない世界

人とコミニケーションとるのって、面倒だし恥ずかしいし勇気無いし、、なんて弱っピーなこと考えて何十年も生きてきたけれど、他人はぜったい信用しない、人間なんて大キライとか思って、生きてきたけれど、 先日の大雨のとき、たまりにたまった公共料金など…

もはやマナーは消滅しつつある。

10人居たら、10人はこれ、↑ 飲み物のさいごに「ズズズズーーーー」と、大きな音を立てて飲み干し、何食わぬ顔で去ってゆく。 なんで???!なんで???!なんで???!なんで???! なんでこんな下品な行為、人として教育されていないの?? 小さい…

薬は6種類までが安全、という情報。

NHKでやってた番組で、おもしろそうなので観たのだけれど(題名忘れたけど)「多薬なんとか・・・」っていう、つまり、薬をたくさん飲んでるために病気が悪化する・・・!といったドキュメント、情報番組。 多くの人に言えることで、とても興味深い事実です…

日本で、新聞を読む行為が不快である、などと言う人が自分以外にいるだろうか?

昭和の時代には、電車の中で新聞広げて読んでいるサラリーマンは普通だった。喫茶店には、たいがい新聞が置いてあり、食事の後の昼休みにはコーヒーと新聞、という光景も普通だった。その喫茶店もドトールやスタバにかわり、電車のなかでの新聞はスマートフ…

若者の不幸

人のうわさも七十五日。と、言います。 ニュースや事件も、人の記憶は薄れてゆく。しかし、当事者たちは忘れるはずもなく。それほど第三者ってのは、いいかげんなもの。 起こった事件の事ばかりを思い込んでいては第2の人生に踏み出せなくなるので、精神的…

自分が想像したゴッホ

ゴッホのレプリカ(布に印刷)を集めて7枚になります。 ゴッホと言えば誰もが知っている、教科書にも載っている、そんなイメージがじゃまをして、ほんとうの良さに気がついていない人が多いのではないか?と、思う。 37才と言う短い人生、ゴーギャンとの…

何が違うのか結論が出た。

このまえ「あおり運転」で暴力を振るった確信犯たち。年上の女と見栄っ張りの男。 飲食店でクレーマーしたり、そういういやがらせ行動がニュースで流れたが、彼らのような人間を見て、なんでああいう生き方なんだろうか?と、彼らのような人間の生き方の意味…

医療用語と薬の怖い名前の命名をやめろ!

黄色、好きです。 カシミヤ&コットンのTシャツ。 HERMES さすがに気持ち良い肌触り。。でもちょっと暑い。 ........................................ 処方箋薬局で待っていると、 音を消した宣伝用のテレビで、こんなのが流れた。 水なしで飲める薬 口腔内…

茶碗にお茶を入れて飲む

食べ終わったごはん茶碗に、 お茶を入れて飲んでませんでした?(50代〜以上の人は知ってるはず) 昔は、それがあたりまえでした。 それを下品とか、マナーがないとか、 言う人がいたら、反論したい。 これは「粋」。 生活の知恵。 と、いうもんなんだ。 …

蛭子能収 × PARCO

蛭子能収(えびすよしかず)氏を、知らない人はすくないでしょう。 自分も、昔から知ってはいるものの、それは「ガロ」という漫画雑誌に掲載していた頃の漫画家としての蛭子さん。 単行本も何冊も買いました。彼の絵、好きです。 で、PARCOのエスカレータわ…

歌マネ芸人:君島遼のちあきなおみが秀逸

ついに出ました! 歌マネ芸人、っていのはたくさんいれど、 これだけ歌がうまくて、見た目も似てて、ふざけないでマネをする人は、いままでいなかった。 しかし、偶然見ていたテレビで発見し、うれしい感動です。 ちあきなおみは、40代より若い人には親し…

気を使わないで体温をもらえる人を探そう

自分は、ほんとに「心配性」だと思う。 (こんなに心配性だったかなぁ・・?) と、自分でビックリするくらい、年をとるにつれて、「想像力」がおうせいになって、とくに、悪いことへの想像が大きくなってきている。 これは、まったく無意味で不必要な感覚で…

精神年齢こそ、人を好きになったり嫌いになったりする要因だった。

「あのこ、精神年齢低いね〜」って、よく言うじゃない? 精神年齢、って、普通に、みんな軽く言っちゃってるけれど、「精神の年齢」って、意味わかって言ってるのだろうか?と思う。実年齢じゃないもの、それが精神の年齢、という説明をするだろうが、じゃ、…

医薬部外品も不妊治療も、希望のある名前にするべきである。

「医薬品」と「医薬部外品」のちがいって、正確にわかります? 「医薬品」のなかには、 ■ 要指導医薬品 処方箋の薬・医者の診断が必要■ 第一類医薬品 薬剤師が必要■ 第2類医薬品 薬剤師・販売者が必要■ 第3類医薬品 薬剤師・販売者が必要などがある(そう…

小さいシンクのゴミ受けは茶こしで。

皆さんの台所のシンクって、もっとシステマチックで立派なのだともいますが、自分のキッチンは巾60cmぐらいの簡易シンクです。アマゾンで注文した業務用のシンクです。 排水口の直径は約8cmで、中は、金物じゃなくて、プラスチックのカゴみたいなものが付…

手を洗うのは「儀式」

トイレに行って、おわってから, 何で手を洗うんでしょうか? すごい質問ですが、 こんなこと考えた人、いるでしょうか? いや、自分も洗いますが、正直、 「洗う」っていう意識(言葉)は変じゃないか? と、思うのです。 みんなが洗ってるから、洗う。 子供…

自分も生きて、人も生きて、何でそれじゃいけないの?

荒 俣 宏 氏 が好きです。 ∧_∧ ( ´・ω・) //\ ̄ ̄旦 \// ※ \____\\\ ※ ※ ※ ヽ \ヽ-___--___ヽ 博学で、のんびしとしたお顔と姿。 不思議なモノゴトに見識が広く、 おちゃめなところもあり、 「好き」です。 その荒俣宏さんが、外国人と日本…

TAXI DRIVER

今も、ときどき思い出す。ある日、ホームセンターに材木を買いにいこうと思い、近所なので歩いて行ける場所ではあるが、ちょっと疲れててタクシーをひろった。 乗ってる時間は10分も無いのだけれど、運転手さんと話しがはずんだ(なぜかおぼえていないが)…

ひとり「家呑み」イタリアン

断・飲酒 ! 最後に呑みに行ったのは、31日の大晦日である。 なので 12日間の禁酒である。 いま、じつに、体調がいい。 スーっと体のなかに息が通る、そんな感じである。 バーのカウンターで、 肴もなく、 明け方まで、夜更かしして、 そんな不毛な飲酒…

料理人の深いコメント

食い物のレポート。=略して「食レポ」 タレントやアナウンサーが、食い物を評価するにあたって、よく語ってる輩がいるが、ただの食いしん坊とか、店を知ってるとか、そんなものはまったく力はない、ということが良くわかった。 それは、土井善晴氏(料理人…

トゥオネラの白鳥

なつかし昔に、読んだマンガが、また読みたくて、購入しました。 水野英子(みずのひでこ)初期の短編集です。 このなかの、 「トゥオネラの白鳥」というラブストーリーに幼少の頃から何かしらのミリョクを感じていた。子供なのにませてたねー。 また読みた…

年とるとわかる、若い時の悩みの小ささ

若いときの絶望感というのは、 「この先、何十年も今の自分で生きていかなければならない・・・」 と考えるからでしょう。 でもね、60年以上生きてきてやっとわかった。 自分は、自分にしか、なれないんだ、と。 バカをやっても、ブスでも、ハゲても、傷つ…

1ヶ月で悩みやグチは出尽くす

ネットサーフィン(って言葉はもう死語?)しながら、他人のブログを見つけるのが楽しい。 でも、食い物の報告じまん、猫に犬のカワイイじまん、子供の成長のじまん、なんてのは見たくもないが、個人の悩み、ぐち、文句、&良い方向へ生きたいがためにブログ…

猿の手

昔、 読んだか、聞いたか、忘れたが、 ある「怪談」を思い出した(なぜか)。 怪談と言っても、教訓のようでありブラックユーモア的な人間のおろかさを言ったような、風刺のような、心理的な怖さのある話である。 ウィキペディアから、ばっすいして載せよう…

まいにち笑顔をつくれば(美容&健康のためにも)悩みは無かったことに。

日常のことで何かに悩んで、もういっそ「死にたい」と思う人がいるでしょう。 いろんな方法を試しても、 人と比べたりしても、 めちゃくちゃ考えても、 でも、楽にならない、結論が出ないとき、 方法があります(自己流)。 それは、 笑 顔 を作る。 笑顔に…