おとこひとり

60才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

人間哲学

接客業は周りは誰もが悪人になりかねない・・と思っていてちょど良いあんばいである。

接客業について、書こうと思う。 誰かから聞いたが、 「お客様は神様です」 と言ったのは、髙島屋の接客係だと・・・(ホントかどうかはわからないが) 昭和に、百貨店の客はみな神様として扱え!という営業方針だが、 これが、サービス業の老年の営業達に、…

死んだらすべてがリセットされて、仏様のように「良い人」になど絶対にならない。死んでも、生きてたときと同じ性格のままである。

これから書くことは、すべて想像の話である。 しかし、 想像だが、「感」で「リアルである」思っていることである。 きのう書いた、「権力を持つと暴君になる・・・」と言ったことに関して、そういう人たちは、自分をふりかえることも、自分をリセットするこ…

想像力のある人は、いつか人として堕落することになるだろうと、権力を未然に放棄する。

体操協会の、あの夫婦は、ふたりとも71才。 告発した体操の女子は18才。 53年も、はれているのです。 53年です・・・これだけでも、おそろしい。。 ジイさん、バアさんをいたわりましょう! などという言葉は、このふたりにはまったく必要なく思う。…

9月の遺書

9月になりました。 ことしも、あと4ヶ月になりました。 何かを きわめたい・・・と思う、今日この頃。 ”これだけは、君にお願いしたい!” というものを見つけたい。 自分の好きなこと=得意なこと、であるから、 ”好きなこと” をきわめたい、と思う。 でも…

何かを競うことに何の意味があるのだろうか? と思う

何かに熱狂的に夢中になる人、 熱狂的な観衆。 デカい声、奇声、ハイテンション。 フーリガンと言う暴動が好きな奴らもでてくる。 呑み屋でのいさかいも生まれる。 旧時代的で野蛮である。 誰も、 「スポーツは人間形成にならない。」「さわやかなイメージな…

知的レベルの低い地球人

アスリート達の体の比較 だそう。 筋肉の付き方の差。 ここ最近 スポーツ選手の不祥事が 表に出始めた。 暴言をはく、不条理なことを言う、殴るなど、そういう人タチはスポーツ界に限らずブラック企業にもまったく同じ人たちがいる。 自分のフラストレーショ…

「報復刑」を読んだ。法律で仇討ちを認めてほしい。

生きているときに 善人で、そういう人は天国に行く。 どーしようもない人は、 地獄へ行く。 なんにも罪のない善人が、虫けらのように殺され、しかし、殺人者は見つからないと、被害者は苦しみ悲しみ、どうしようもない憎しみも生まれ、人生が終わったような…

ダサい大塚家具が普通に家具売ってたら赤字になるのはあたりまえ。

大塚家具が赤字・・・だそうです。 ヨドバシカメラに買収を頼んだそうで・・・ことわられたそうです。 娘は、先代の資産を食い尽くしているそうです。 銀座の大塚家具の前を通ったけれど、まったく入る気がしなかった。 大塚家具の客って 今も「田舎の成金」…

言葉とは一種の「暗示」。強いメッセージ性をもつのが言葉。

自分の20代の時代には、「スピリチュアル」という言葉は、無かった。 こういうジャンルに相当するものとしては、仏教であった。 仏教は宗教ではない。 哲学として、その考え方は年配者から伝えられてきたというのが日本人であった。 スピリチュアルを「精…

結婚してる人のどうしようもない人間関係は醜い

<普通の人のイメージ> 結婚してて子供がいて 両親とも生きてて、 郊外にマンション買って住んで、 たまに両親と食事したり・・・ そういう夫婦って、普通にたくさんいるようで、それが日本の人たちであるだろうから、幸せなんだろうな、と思っていると、義…

死んだあとの話

「前世」は あると思う。 その話をしたら、霊現象は「ある」と言うことになる。 霊を見ない、見れない人でも(自分も)、死んだら肉体は終わり、魂が体からぬけ、霊体となって行くべきところへ行く、自然と信じてきた・・ 目に見えないものは信じないし無い…

同じようにしてる人になぜか微笑む

熱いですネーーー でも夏の熱さは好きです。 しかし、クーラーのある場所を探してしまう。 駅のホームの デカいクーラー発見。 上のほうから冷気が出てる。 2mぐらいデカいクーラーから離れないと冷気があたりません。 フー、っと一息。 そう! 首の後ろに…

楽しむために人生がある、と思う。

人生は何のためにあるのか? ・・・このテーマは、いかがわしい感じだけど、 この質問をされたらなんて答えますか? 自分、ずばり。 「楽しむため」 と 答えます。 金持ちになりたい、有名になりたい、芸能人になりたい、人を支配したい、、などなど人々の欲…

またこんなヤバいものが存在してるとは思わなかった

直感的に、やばいんじゃないかな? なにかうさんくさいね? と思ったのが、 NLP っていうやつ。 さいきん、こういうのにハマる主婦がいるみたい。 何だかわかんなかったのでネットで調べると、 NLPとは、Neuro Linguistic Programing(神経言語プログラミン…

横柄すぎる客を見たことがありますか?中瀬ゆかり氏に共感

6月7日の MXTV の「5時に夢中」という番組で コメンテーターの中瀬ゆかり氏が、またスッキリすることを言ってくれた。 番組の視聴者FAXアンケートで、 「横柄すぎる客を見たことがありますか?」というアンケートで、 ゆかり氏は、 「タクシーの運転手さ…

ドS風って?

TV通販を 観るとはなしに聞いていると、 またまた、い・い・ま・つ・が・い があった。(き・き・ま・つ・が・い) 今回は、 「ほんとに ドS風に見えますネ・・!」 えっ? どエス? 思わず、画面をふりかえる。 ・・・ 「ほんとに ドレス風に見えますネ・…

にっぽん大好き、でもチョコも好き

ハワイ ってさ、 みんな好きだよネェ〜 一度も行ったこと無い のでわからんが・・・。 東南アジアじゃないから それなりなレストランや、ショッピングに、オシャレしてディナーもできるって言っていた。治安も安全であると。 肉がとにかくおいしい、と・・・…

ホントに書けるの?その文字?

書けない漢字は、ヘンカンしない。 意味わかってても、じっさいに書けない漢字がたくさんある。 そう、いつも心がけて書く。 なんでもかんでもヘンカンできる便利さが、 「ホントに書けるの?その文字?」 といった、ウソっぽさをきわだたせる。 画数の多い…

美しいか、美しくないか?

何かを判断するときに、「正しいか,正しくないか?」で判断するのが普通だが、たいていは考えに疲れて無難なほうを選び答えは見つからない。そういうとき、 「正しいか,正しくないか?」ではなく、 「美しいか、美しくないか?」で判断すると良い。と、先…

おまえらが老けすぎとんじゃー!

飲み屋で年を聞かれて、 「還暦過ぎた」というと、皆、驚く。 若く見られるのは自慢でも優越感でもない。ほんと、ただうっとうしいだけ。 先日、あまりに「若生みえる、若くみえる」と、しつっこいから、 「おまえらが老けすぎとんじゃー!」と言ってやった…

永遠に答えのでないこと

悪いことをしたら、かならずバチがあたる・・・と言われてきたが、本当に信じれるか? 単純には、その悪いことと同等の目にあうのが道理だ、というのが理にかなっているが、それは、そういうことにならないと、あまりにも不公平で不条理でひどいという理由か…

女はもっとそのことを勉強すべし

セクハラが話題になると新聞も雑誌もニュースも、どこも話題はセクハラ どこかの女弁護士もセクハラ弁護で売名行為。 セクハラって名前が一人歩きしてて逆に不振感を抱く。 セクハラ問題に真っ向から抗議してると女の価値が下がる。 社会的制裁をくわえたい…

どんな人をみかけましたか?

犯人捜査では、 「怪しい人を見かけませんでしたか?」と、聞くのは間違えだという。 こういう聞き方をすると、怪しくない人は脳から省いてしまうので 「誰も見ませんでした」という回答になってしまうからだ。 犯人が怪しい人である確率は低い。 正しくは …

むずかしい話だが価値観は知らないうちに他人と共有している

いまある犯罪に対する法律は、正しいのだろうか? 善悪は、大昔も現代も、揺るぎないただひとつの変らない真実なのだろうか? そして、それは誰が決めたモノなのだろうか? 決めるにあたっては人の心の中にあるモラルに沿って決めたのだろうか? そのモラル…

知る必要の無いもの=知らなくて良い

世界情勢を知らななんて、ヤバいんじゃない?!っていうのはもう古い考え。 世界がいまどんな状況になってるのか、それは、世界を股にかけるビジネスマンだったら仕事上、しらないと仕事にならないので知るだろうが、きょうのスーパーの野菜はどれが安くなっ…

頭良さげな知識は知らんふりする

知らないふりをするって、人間関係が楽になります。 仕事で知らないふりは良い状況にはならないけれど、普段、人と話してるときに、たとえばクイズ番組を数人で観ているとして、答えをあーだこーだ言いながら観てるわけで、そこで、自分が答えを知ってたりす…

高級なところは孤独感があるから・・・大衆がいるところがいい。寂しくないから、、、

「高級なところは孤独感があるから・・・」 先日、上野の駅そばにある安い焼き鳥屋のカウンターで隣に座った地方から出て来た初老の男が、横の若い男に声をかけて話していた言葉だ。 「大衆がいるところがいい。寂しくないから、、、。」 その初老の老人は隣…

他人の小さな怒りに敏感に気がつく

身体に悪い「怒り」を無くすために、日々、試行錯誤しているが、 そんななか、いつも行くバーのカウンターで先に来たひとりの客がテレビに対して何かしゃべってる。 自分との席は3つ離れてた。 テレビのニュース観て話す普通の会話であるが、日常の小さなイ…

ゆっくりソファーに横になれないトラウマ

思い出したこと。ソファーにゆっくりねっ転がったり座っていられない自分。なぜなんだろう?なんて考えたこと無かったけど、子供の頃に親にコタツ&座布団上でだらけていたら、 「何ダラダラしてるの!しゃきっとしなさい!」 と怒られた記憶があるからだと…

人から自分を守るには「人の目を見ない」ことであった

ふと、気がつきました。人間関係には会社、家庭、友達、他人などいろいろあるが、 マナー違反や不条理、嫌なことから避ける方法を見つけたのだ! それは [ 人の目を見ないこと。] 簡単なことだったのだ。 日常生活で危機管理上、変な人がいないか注意するた…