おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

恐怖・不安・心配・罪悪感

薬は6種類までが安全、という情報。

NHKでやってた番組で、おもしろそうなので観たのだけれど(題名忘れたけど)「多薬なんとか・・・」っていう、つまり、薬をたくさん飲んでるために病気が悪化する・・・!といったドキュメント、情報番組。 多くの人に言えることで、とても興味深い事実です…

世界には日本より難題が多くある

台風は去ったけど、小雨が降ったりやんだりで、もう雨はかんべんして欲しいーーー あっというまに、今日はだいぶ寒くなった。 用事で出かけたけど、半そでに短パンじゃ寒いと思って、袖がスエードのブルゾンを着て出かけたけど、汗などいっさいかかないで1…

お年寄りにはつつがなく幸せに余生を過ごして欲しい。

台風の情報は、テレビが一番、たすかりました。 もちろんNHK。 台風にかぎらずに、地震のときも やはり自分はNHK。 だってね、真剣に情報観ている時にいきなりCMが入ってごらん、その瞬間、チャンネルはNHKにかえるでしょ? 防災アプリなどのインターネット…

自律神経の説明を聞いてもいつもわからない。

自律神経の対処法・・・、そういうテレビ番組が NHK Eテレで有名な脇役女優やものまね女子を使ったりして、コメディー風な番組があります。けっこう、手づくり風で、おもしろいです。いつやってるか番組名も忘れたが。 とくに更年期を迎えた女性を対象にした…

強欲な人

強欲(ごうよく)なんていう言葉は、小説の中だけでつかわれる言葉、だと思う。 幸いにも実際にそういう人にあったことない。 でも、そういう人たちがいるのは知ってる。 ニュースで犯罪を犯す人たちは、たいてい、強欲であるから。 「何でそんなことしたん…

「多数」は「正解」ではない。

ショップチャンネルのカリスマゲスト(と、最近呼ばれている)スタイル・ラヴィーのデザイナー兼代表のHさん。なかなかウェットにとんでるので、プラベートでお茶できたら、おもしろいだろうと想像できる。 スタイル・ラヴィーは派手じゃなく、 でも地味でも…

知る不快より知らない幸せ

聞くだけでも不快なニュース、 いつの季節にも、何かが起こる。 高齢者の無責任な運転により殺されてしまった人、 貧乏を言い訳付けて人を殺すヤツ、 輸入規制された事を逆ギレする国、 利益のために観光外人を歓迎しながらマナーが悪いと文句を言う奴ら、 …

宮部みゆきって・・・

宮部みゆき原作の「ソロモンの偽証」なる映画がケーブルテレビでやってたので、観るとはなしに観たら、おドロおドロした内容に、ちょっとひいた。 原作読んでないので何とも言えないが、映画の演出だと思うが、やはりいじめの暴力シーンが、実際もっと惨いも…

不快なタトゥー

暑い日が続きました。 最近の日本、どこにも外国人がいて、昔じゃ考えられない光景。 そんな電車内で、↓のような数人の団体が乗ってきた。 そのうちひとりは、黒のタンクトップで混んだ電車で女性にぶつかっても知らんぷり。女性は「何よ!」と心で言ってる…

朝日とともに起き日没とともに寝る。

太陽がいる時。 つまり、陽のある時間のことだが、 明るい世界とは逆の夜が、怖くなってきた。 夜と言うのは、「魔」が潜んでいる、と、昔から言われているように、人間の欲望は夜にうごめく。世の昼と夜の顔は、ハッキリちがうものだと言える。 ある文献に…

気を使わないで体温をもらえる人を探そう

自分は、ほんとに「心配性」だと思う。 (こんなに心配性だったかなぁ・・?) と、自分でビックリするくらい、年をとるにつれて、「想像力」がおうせいになって、とくに、悪いことへの想像が大きくなってきている。 これは、まったく無意味で不必要な感覚で…

坊主って、超むずかしいヘアスタイル

髪、伸ばしてます・・・ って、どーでもいい話題ですが、 シャンプーをマメにしてると、 いがいに髪がヘナっとならないんだなぁ、と気がついいた。 だいたいが、いつもスキンヘッド以上坊主未満だったために、 自分の髪の毛がどういった感じか?なんて、 こ…

過激だがミリョクある「怨み屋本舗」

温泉銭湯に行く前に、古本屋で漫画を買って、それを食事しながら読むのが好き、というのを前に書いたが、自分は少女漫画が好きで、といっても、お目目キラキラ系ではなく、「有閑倶楽部」の「一条ゆかり」先生とか、萩尾望都先生とか、絵もストーリーも上手…

マクドナルドの人の歯の混入事件

またまた、マクドナルドでハンバーガー”人の歯”が混入されていたそうな・・・ 前にも何回かニュースになっていた。 以後、どうなったかは不明である。 今回、その写真も流されていたが、 混入物で想像できるのは、 ”虫” だったり、 ”金属片”だったり、 今回…

ほんとに恐ろしいのは、何気ない日常のなかにある狂った判断、である。

「ゆるキャラグランプリ 2018」 っていう、全国で優勝を競うものが、「ゆるキャラ実行委員会」と言うところの主催で行われたそう。 そこで、三重県の四日市市のゆるキャラを、優勝させようと市役所の職員が、フリーメールのアドレスをひとりで何個もつく…

1ヶ月で悩みやグチは出尽くす

ネットサーフィン(って言葉はもう死語?)しながら、他人のブログを見つけるのが楽しい。 でも、食い物の報告じまん、猫に犬のカワイイじまん、子供の成長のじまん、なんてのは見たくもないが、個人の悩み、ぐち、文句、&良い方向へ生きたいがためにブログ…

停電はあきらめて楽しむっきゃないでしょ

9月はズーーーッと雨と台風の毎日で、 10月になったら秋晴れになると思ったら、また台風で、 精神的に、晴れ晴れしない毎日です。 いま、関東でも停電している地域がある、なんて、ちょっと異常です。 電気がないと、なにもできません。 発電機、買ったほ…

頭おかしい。ゾンビ映画つくる人達

観ないようにしてるのに、チャンネルまわして観てしまった、 「ゾンビドラマ」 もう 1分も観れない。 こういうのつくる映画人、 頭、おかしいんちゃう???! ライフル、バンバンうちまくって、ようしゃなく殺しまくって、 ゾンビだから、死人だから良いの…

ありえない状況のタイのどうくつの事件

タイのどうくつ事件、さすがタイ、アジアだなって、思う。 雨期が近いっていうのに、自殺行為じゃない、これじゃ。 何でこんな奥まで入ったの? こんなキケンでややこしいどうくつに、日本では普通、おとなの引率では絶対入らないでしょう!? 自然豊かなタ…

またこんなヤバいものが存在してるとは思わなかった

直感的に、やばいんじゃないかな? なにかうさんくさいね? と思ったのが、 NLP っていうやつ。 さいきん、こういうのにハマる主婦がいるみたい。 何だかわかんなかったのでネットで調べると、 NLPとは、Neuro Linguistic Programing(神経言語プログラミン…

たくさんあるソドムとゴモラ

ソドムとゴモラ・・・のような呑み屋に行ってしまった。 最近オープンした、Gayバーだが、 印象は、客の人相が悪い、店の子が下品、とにかく騒がしい、etc... キリキリとした店の空気。 これはあくまでイメージだが。 「ヤバい、自分はここに居ちゃまずい・…

だんだん恐怖すら感じてくる同じ靴

ビックリです。 前に座っている人のシューズが、まったく同じとは!? ヒモの結び方も、同じ。 くたびれ具合いも同じ。 こんな偶然、あるわけない。 友人? 親族? 外国人? 同じサークルの、何かの仲間? もしかして何か怪しい宗教団体で、支給された靴?か…

ゆっくりソファーに横になれないトラウマ

思い出したこと。ソファーにゆっくりねっ転がったり座っていられない自分。なぜなんだろう?なんて考えたこと無かったけど、子供の頃に親にコタツ&座布団上でだらけていたら、 「何ダラダラしてるの!しゃきっとしなさい!」 と怒られた記憶があるからだと…

敏感な人が生きやすくなるには?

大人になっても人の言動や表情を気になってしまったり、暴力シーンなどがずっと頭の中で動いていたり、人のくしゃみの音がうるさく聞こえたり、ビックリしたり、照明の明るさが辛かったり、大きな音が苦しかったり、必要以上に想像力が働いて悪くも良くもそ…

「心のおしゃべり」をなくして未来を考えない

東京は雪が降ってきてすごく寒い夜ですネ。外は冷蔵庫より寒い。 自分は「鬱」ではない? と思う。 「パニック障害」というのとも ちょっと違うと思う。 なんだかわからないが、変な状況になるかもしれない不安はある。 精神のジャンルでは「自分はこの病だ…

電車が急停車してパニック的な汗が一瞬出た

昨日 午後4時ごろに電車が突然トンネルの中で止まった。 急停車した電車に車掌のアナウンス。 後ろから車掌が車内を先頭のほうへ走っていった。 いまはトンネルの中だ。なので不安になった。 2、3m離れたところの乗客の「ちっ!」っというイラついた舌う…

良心の無い人=ソシオパシーはすぐそばに居る!

他人のブログを見るとはなしにまわっていると、興味深いものがあった。 「心をもたない人たち」 (草思社文庫)作家:マーサ スタウト, Martha Staut, 木村 博江 出版社:草思社 によると、 良心の無い人、良心欠如の状態は、「 社会病質 ( ソシオパシー )」…

良い人になろうとすることもなく孤独をも恐れずに歩く

あー、何であんなこと言っちゃったんだろう・・・! って、後悔、自己嫌悪 で、落ち込む。 先日、バカらしい自慢してしまった。そんなこと言う場面ではなかったのに。 心臓に毛が生えてたらなー、って思う。 ずうずしい人間は大嫌いだけど、ずうずしくなれた…

「悪」から逃れるため自分なりの5感(視覚・味覚以外)での対処法

ブログを書くきっかけになった2016年の夏から、いろいろと悩んで書いてきましたが、ブログを書くことで気分がずいぶんと救われた。そういう自分と同じ方、たくさんいると思います。最近はファッションと酒、という話しが多いですが、以前は人間関係でダ…

noパン自慢?

自分、めんどくさがりやですので、 靴下大嫌いです。靴下にパンツは好きになれません。 ときどきパンツ(下着)はきません。 長時間の外出のときは さすがきはきますが。 面倒だという理由のほかには、実はノーパンは気持ち良い。 プチ開放感 あります。 少…