おとこひとり

59才おとこ・筋トレ・服・デザイン・時代・哲学

罪悪感

良い人になろうとすることもなく孤独をも恐れずに歩く

あー、何であんなこと言っちゃったんだろう・・・! って、後悔、自己嫌悪 で、落ち込む。 先日、バカらしい自慢してしまった。そんなこと言う場面ではなかったのに。 心臓に毛が生えてたらなー、って思う。 ずうずしい人間は大嫌いだけど、ずうずしくなれた…

noパン自慢?

自分、めんどくさがりやですので、 靴下大嫌いです。靴下にパンツは好きになれません。 ときどきパンツ(下着)はきません。 長時間の外出のときは さすがきはきますが。 面倒だという理由のほかには、実はノーパンは気持ち良い。 プチ開放感 あります。 少…

楽に楽に生きる

「どうしたら楽に生きられるか?」 なんてこと ばっかり真剣に考えてる。 「どうしたら」という、考えは心理的なことに使っては良くないらしい。 機械を組み立てるとか、そういうのに どうしよう?と悩むには良いんだって。 今日は接骨院をキャンセル。 なん…

悪知恵

昔の家の台所でつくった油揚げを焼いたおかず。正油ちょっとつけて美味しいネ。 失業保険はもらえないと経理から言われました。なぜ、? 雇用保険に入ってなかったらしいです、自分。 つまりは、在宅勤務になっていて(もちろん在宅で仕事していた)タイムカ…

ちっとも悪いことじゃないのに罪悪感を埋め込まれて不自由になった。

「人の目が気になるのはどうしたらいいか・・・」ということを調べていたら、ネットでのアンケートで死を間近にした方の答えが「人の目を気にしないで好きなことをすれば良かった・・・」とい回答が多かったそうで。なんと人間は寂しい生き物なんだろうとい…

罪悪感や、苦悩からの解放!悩まず速攻で!

ローマ時代、コロシアムでは皇帝○○が殺し合いを好んでグラディエーターが生死を賭けた戦いをやらされていた。人間と人間との殺し合いだ。どちらかが殺され勝負がつくと観衆も立ち上がって歓声の渦になる。そこにはライオンと戦う、という競技もあったそう。…