読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとこひとり

59才おとこ・筋トレ・服・デザイン・時代・哲学

ビビリのカミングアウトその2

 

自分、そうとうな、ビビリです。
カミングアウトします。
ビビリ のなかでも変わっているのが、

 

人の笑い声

 

です。

 

「笑い声って 何だかイイよね!」
「笑い声があるとこころって 幸せかんじるよねぇ」

というの、頭でとてもよーーーくわかっています。
ムッとしてる人より笑ってる人のほうが良いに決まってる・・・

わかっているんだけど、頭では・・・

 

怒って怒鳴ってる人と、大声で笑ってる人は、同じぐらい恐いんです、自分。

カフェで楽しそうな笑い声・・・だめだ、さされるような感覚・・します。

なんで恐いんだか理由はぜんぜんわかりません。

もしかして前世で、笑いながら、笑い者にされて殺されたのかも。って思ったりして。

意外と、あたってたりするかもしれないですよね、理由がわからないんだから。

道歩いてて、どこか遠くで突然に笑い声することありますよね?
怒ってる人にあまり出会うことはないけれど、笑ってる人を感じると、
身体がビクッ!って緊張して「恐い!」って感じます。そこから逃げ出したくなります。
今は前よりだいぶ良くて、恐いというより、すごく気になる、程度になりました。

 

自分にとって「一番心地いい人」は、物事にあまり反応しない、静かな人です。
あ、ロボット的な、、というのじゃなくて、表立ってリアクションが無い人、というほうがわかりやすいかも。かといって「無愛想」とか「策略家」や「隠見な者」というのと違うんです。顔をみればわかります。無愛想で無口な人は、毎日毎日、つまらない、つまらない、って思ってるのを感じますし、悪意のある人は目が怖がってます(逆に)。

そうじゃなくて、心が幸せそうに微笑んでいるが表に出ない人って、います。

笑う(とくに大声で笑う)人が恐い・・なんて、変人極まる。
先日書いた「寂しい」を感じない、に匹敵するぐらい変。

またひとつ、カミングアウトしました。

自分がホモだって公言するより言いづらい話。ホモだからなんて悩んだことないし。
でも、このカミングアウト、楽しくなってきました。
自分の再確認です。

またちがうのを書こう。

f:id:bearpond:20160811001917j:plain

2012年7月の上野浅草口の大歩道橋にて。BEGIN?っぽい。

f:id:bearpond:20160811001922j:plain

上野、入谷口の大きな階段。ホームレスか酔っぱらいのすみかです。昭和を感じます。