おとこひとり

59才おとこ・筋トレ・服・デザイン・時代・哲学

「悲しい」という言葉に変換されるまえの感覚は、わかりますか?

 

私たちの感覚には、名前がついています。

痛い 恐い 悲しい 好き 嫌い・・などの [ことば] が、本当の感覚(感情)とリンクしてます。
感覚を、瞬時に [ことば] に頭が変換しています。そこで起こるミスがあります。
例えば「悲しいのか悔しいのかわからない・・・」といったことがよく起こります。
言葉で判断している証拠です。元々、感覚には[ことば] なんてないはずです。
説明するために [ことば] を考えてあてはめたんです。


「悲しい」という言葉に、変換されるまえの感覚は、わかりますか?
口でいうのではなく、感覚で、イメージ?というのか・・?
でも、それが「在る」ことを誰も疑っていません。
目にみえなくても、絶対に「在る」と感覚でわかっているんです。

 

普段、ボ〜っとして生きているといろんな「直感」を逃がしてしまいます。
「直感」を鋭くするように毎日、感覚を磨かないと「直感」できないと思います。

f:id:bearpond:20160820051458j:plain

レオナルド・ダ・ビンチのデッサンに入れてもらいました。ありがとうございます。