おとこひとり

59才おとこ・筋トレ・服・デザイン・時代・哲学

こんな嫌な人会ったこと無い。年寄り組

 

整理収納アドバイザー1級、という先生の講演を、姉夫婦と、縁があって聴きにいった。 主婦で2人の受験待ちの子供の、建築士2級をお持ちの先生です。 収納や整理に関する講演です。さばさば話す男っぽいお方。 年賀状は捨てなさい、とか、写真は自分がキレイなのだけとっておきなさい、とか・・・。 満席で、2時間の講演。楽しかった。 話変わって、姉の旦那・・・義理の兄になるわけだが、この人について書きます。 会った時から悩んだ。なぜなら、自分が今までに会ったこと無い、嫌な感じの性格の人間だった。 姉の旦那だからしょうがないが、知って3、4年、一言で言うなら、非常にわがまま・子供・単細胞、意地が悪い。そんな彼は70歳。人生、穏やかになってもいい季節。包容力もあってしかるべきだと思うのだが。 話しに深入りすると、たいがいに、言葉尻の間違えを真顔になってしつこく攻めてくる。たとえば「した」と「された」の間違えを受験塾の講師のように「そこはそうじゃないだろ!」と、必ず、攻め込む。そこはスルーするだろう?普通? こんな事件があった。まえ自分が浅草に住んでるときに気に入ってた食堂に一緒に入ったとき、ステーキの焼き加減を聞かなかった、と怒り(下町のキッチン食堂で焼き方聞く人なんていない)、別のレストランでは注文したものが写真と違うと(ほんの少し大きさが違うだけ)ウェイトレスを呼んで文句を言い、今回、聴いた講演では2時間を20分オーバーしたからといって声に出して、もういいんじゃないのー!と言い出す。楽しい雰囲気が台無しになる。姉も、そんなことは百も承知で気にならないから一緒に居るのだろうが、なんでこんな奴好きになったんだろうと、人ごとながら不思議に思う。周りを不愉快にさせるわがままな奴を好きな姉も、同類のような気がして嫌いになる。しかし少なからず、同類なんだろう。自分は近くに居ると嫌な気分になる。知らない相手だったら絶対に付きあわない人間なのだが、不思議だよなー、と思う。人が嫌な気分になるだろうな、ということを考えない人なんだ、と思う。また、目下、というか、下の立場、年下、の人間に、意味なく意地が悪い。これは、人としてまずいんじゃない? たとえばレストランのウェイトレスや、下町の食堂、自分。 こんな「わかりやすい嫌な人」って普通なのかなぁ? 普通でみんな、良いところだけ見て我慢してつきあってるのかな? たいしたことないのかなぁ? こういうことが、人を嫌いになるに十分な要因だと思うのは自分だけだろうか?

そういうこともあって、自分、年寄り、嫌いです。いや、正確には、自分を客観視できず年とって人に不満一杯の年配。「いやいや、穏やかなお年寄りもたくさんいいますよ」というかもしれないが、若い人とくらべて視野が狭いし融通がきかないし。テレビ観てても、自分がされたことのように文句言ってます。負のエネルギーの連発。なんでだろう?脳が萎縮しちゃうんだろうか?自分も周りも幸せになるには「笑顔」でしょ?やっぱり。頭を柔らかくして時代と流行に添っていくほうがいい。AKBも乃木坂も知って時代を楽しまないと。あ、気がついたらここで自分もここで文句書いてるから同じ年寄り組かー?

f:id:bearpond:20170207010021j:plain