おとこひとり

BEARPOND[ベアポンド] ゲイ 1957年東京生まれ・在住 無宗教・無信仰・嫌煙 Mac在宅デザイナー ■話し好き。笑わせるのが好き。 ■自分大好きのナルシスト。自分がまあまあ最高だと思っている。自分がおもしろいと思っている。 ■銭湯・スパなど、裸になるところが好き。 ■酒好き。飯をたくさん食うヤツが好き。カラオケ好き。 ■イビキ・パチンコ・競馬・賭け事一般・ゴルフ・野球・などは嫌い。 ■洋服大好き。雑貨好き。買物好き。HERMES 大好き。女の所作にはきびしい。

HERMES のサコ、アマゾニア素材の劣化でお困りの方:アイデアです!

 

HERMES のバッグ [サコ]。素材はアマゾニア(キャンバスにゴム樹脂加工)。ガーデンパーティーってトートバッグではおなじみの素材。サイドはシボ革。レディースの皆さんは持ってらっしゃる方もいるのでは?もしこのアマゾニア素材をもってて、劣化に泣いている方、必見です。

表面がゴム樹脂加工のアマゾニアは劣化が激しい。とある修理ショップで塗装しなおしは出来なくもない感じだが、¥25,000〜からということで、元通りにキレイに仕上がるとは限らない。先日の記事で塗装スプレー[染めQ]のほうが、たぶんいい感じに仕上がると思うがマスキングしたりが大変そう・・・何より失敗したらと思うと出来ない。

f:id:bearpond:20170222210955j:plain

表面の劣化の画像。

それで、ふと考えた。

HERMES は洋服なんかも裏側にはかなり気を使って作っている。このバッグの裏側もキレイなヘリンボーンの布で、とてもキレイだった。

「塗装もいいけど、面倒くさいし、失敗したら涙・・・」

 そこで、

「そうだ。このバッグ、ひっくりかえしたらどうだろう?」と、ひらめいた。

 バッグひっくり返すなんて。洋服はタグ付いてたりして難しいのはわかるし誰かに裏だよーって注意されそうでできないけど、このバッグ、チャックとか、金具もそんな付いてないし、かなりシンプルにできてるのでひっくり返してみると、

f:id:bearpond:20170222211824j:plain

ほら! すごくいい感じ! なんだか布と革のコントラストが良いじゃない! 本来のバッグより爽やかで春っぽくなった。HERMES で、ヘリンボーンと革のコンビの、こういうシリーズ、あるよね?確か。

HERMES ヴェスパPM

↓これに似てる。

f:id:bearpond:20170223180240j:plain

 

さて、自分のバッグに戻ってみると、下の写真のように、留め具は布ベルトに丸い金具が付いているのだが、うまい具合に飾りっぽく表に出すことができた。本来裏側で使う革のオープンポケットは、かなり大きな面積でこのバッグのポイントになった。細ヒモのキーホルダーも使える。反対側のドットボタンもキレイな作り。このドットボタンに既製のドットボタン使ってポケットをつけようかな?と考えてます。

f:id:bearpond:20170223000810j:plain

そしてなによりも、本体の縫製がまるで表のような仕上がりに脱帽です。まるで、裏という意識の無い作り。こうなるとまさか裏側だったとは思えない、リバーシブルバッグと言っても良い。ただ、ショルダーベルトが中側から出ちゃうのが難点だけど、使ってみると内側からショルダーベルトが出てるのでバッグがベルトにあたって変形しなくて使いやすいことを発見。 HERMESだけど、どこにも売ってないオリジナルって感じに仕上がりました。 サコのアマゾニアで困ってるお方、お試しあれ!

f:id:bearpond:20170222213641j:plain

裏なのにバランス良し。いい顔だなぁ。