読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとこひとり

59才おとこ・筋トレ・服・デザイン・時代・哲学

筋肉破壊で思考を緊急事態に追い込む運動の素晴らしさ

f:id:bearpond:20170402184905j:plain

まだ明るい午後のジムの湯船。

タタミ3畳ほどのブクブク泡が出る湯船。

すりガラスの窓から湯気で光が拡散して

なんだか幸せな気分になる。

きょうは腕中心に鍛える。

鏡で体を見たら

赤鬼のように、

毛細血管が充血して体が赤くなっていた。

しばらく見ていると

体の中心、心臓のあたりから

少しずつ赤みが消えて普段の肌の色になって行くのがわかった。

知ってると思うが、

筋肉は、組織が破壊されたあと修復され大きくなる。

重量を重くして限界に追い込むと

普段仕事や生活で悩んでることや

これからどうしようか、など、

不思議と考えることができなくなる。

思考停止、まではいかないが、近い状態になる。

コレがポイントである。

 

筋肉を破壊し、体が危機状態になるのだから

生存本能が働き

今を乗り越えろ! と、

脳が今の体の修復を優先する

理屈では、そうだ。

冷蔵庫の中に何が残ってたかも

今、何時かも

思考しても、ブラックホールの回路へつながるだけで

全く考えられなくなるのは経験でわかる。

こうなることがとても大事だ。

なぜなら、

思考が停止する(ような状態)ということは

いつも起こるだろう先を不安になっている自分が

そうでない状態になっている、つまり

今にしか焦点が合ってない状態にいる、ということだ。

 

高重量で追い込む筋トレは

「今」に全神経が集中する!

この状態を、普段つくれるだろうか?

 

脳が「今」しか思考できなくなる状態に近づくには

瞑想とか座禅とかが良い、と、言われているが

どれも無理。 自分にはできない。

そして疑問である。

インドの偉い人も、本当にきているのか?

できた気になって酔ってるだけじゃないのか?

自己催眠じゃないのか? ということだ。

瞑想している。という自分を演じているのではないか?

「瞑想」や「座禅」の難しい点は、

どちらも「静止してる状態」である。ということだ。

生きてるのだから 静止は難しい。

雑念を消すのに 静止する必要は無い。

 (静止することで逆に思考が盛んになるから)

思考を止めるのに、止めようと思う必要も無い。

 (言葉で話す人間に思考を止めることはできない)

精神は肉体よりも「高尚なも」のというイメージがあり

肉体は「肉欲」という風に考えて不純だと思う節がある。

だから精神性のほうが大事だという先入観をもってしまっている。

これは正しいのだろうか?

そこでだ。

マラソンのように

長時間かけて、

心拍数を上げて長時間かけて燃焼するトレーニングではなく、

短い時間で、

自分の筋肉で限界まで自分を追い込むウェイトトレーニング

筋肉破壊で思考を緊急事態に追い込む

「今」を感じるための短時間での運動、 といえる。

だらだら時間をかけて運動しては瞬時の今が得られるのは難しい。

「火事場のバカ力」 というのがある。

これはある意味、真意を説いた言葉だ。

筋肉トレーニングで自分を火事場に追い込むことで

一瞬だが、自分で意識しないで今を感じることが出来るようになる。

この今の一瞬を、覚えるのではなく、

体に繰り返し感じてることが大事だと思う。

 

瞑想は楽をしたい人がやることだ。

重いものを持ち上げなくてもいいし

息を切らせて汗を流さなくてもいい。

何かで瞑想を進められたら、

それより体力を、筋トレを選んでください。

運動は、むずかしく高尚なことを意識しなくていいし

誰でもやろうと思えばできる。

でも、はじめから高重量で危険な重さを持ち上げる必要は無い。

体を使うので自分の調子を見てペースをつくって、

危険の無いように慎重にしなければならない。

筋トレも 最初は2年間ぐらいは体を慣らして、少しずつ追い込んでいくことだ。

何でもそうだけれど すぐに達成できるものはない。

 

「瞑想」がジャズなら

「筋トレ」はロックだ。

「肉体は精神の乗り物」と、よくいわれるように

乗り物を良くすることが、まず一番大事なことだ。

自分の肉体の感覚を鍛えることは、五感を鍛えることであり、

逆に 瞑想などのイマジネーション訓練は言葉であり知識である。

 

体を鍛えると

結果、

見た目も良くなるし

老化を防げるし

「今」を頑張ることしかないと気がつく。

瞑想や座禅をして 自分の内側に陶酔していくと

体を鍛えないので、基礎代謝が低くなり

ただ太るか 痩せすぎるかになり

動かないので姿勢も悪くなり 筋肉も衰え

足も弱りよちよち歩きになり

代謝が無いので肌の艶が無くなり

髪のキューティクルもなくなり

見た目に汚らしい人になり

話しも面倒くさい人間になってゆく。

それでも精神が大事だと、言えるでしょうか?

そういう人、周りにいませんか?