おとこひとり

59才おとこ・筋トレ・服・デザイン・時代・哲学

自分をもっとステキにしましょう!モノにこだわることは雑に生きないということ

f:id:bearpond:20170523190216j:plain

リネン100%長袖シャツ リネン&コットンパーカーベスト Made in France HERMES

 

made in ... について しつこいこだわりがある自分であるが、中国製の嫌いな点はもちろん「量産品」だと言うことです。どんなに素材に凝っててもデザイナーがすごくても。中国製で限定1000枚!なんての無いでしょう?1000枚じゃ中国の工場を活動させる意味ないわけで。でも中国製で500枚限定の服なんてのがもしあっても、中国製だから買わないけど。

会社にHERMES着てったら「なんだかその辺にいる年配のおじさんみたい」と言われたことがあった。自分のファッション力量不足もはあるが、でも言わせてもらえば、量産品を見すぎた人たちに写る「今風じゃない流行ものでない服」を着た自分は、パンチに欠け、地味で老けてみられたのです。すごく良い風に言えば、上品に見えた、ということです。メンズファッションで言えば、黒のスキニーパンツにキレイ目カットソーにスリッポン、、なんて今風のファッションじゃなくて、モスグリーンのリネン&コットンのゆったり目のVセーターにゆったり目のストレートのカーキ色のコットンスラックスにダークブラウンのレースアップブーツ・・・と言ったいでたちだったからで。

さっき Shop Channel では、ファッションデイということでフランスのデザイナーの服を紹介していた。ワンピースで¥9,800円。一つのデザインの服で数量はサイズ全部あわせても1000枚ぐらいだと想像できる。まだ無名とはいえ、フランスのデザイナーがデザインしたフランス製の服ということに魅力を感じないだろうか?それも¥9,800円である。ユニクロより高いが、その価値は比べられない。

主婦さん、どうしてこういう服を目ざとくアンテナ立てて探さないのか不思議。自分が女だったら、失敗しても良いから買ってみるが、中国製で量産で、というのが気にならない主婦だったら、何言ってもしょうがないか・・・

f:id:bearpond:20170523192255j:plain

f:id:bearpond:20170523192308j:plain

f:id:bearpond:20170523192324j:plain

服はロマンである。・・などと意味不明なことを言ってますが、フランスとイタリアのファッションものはロマンでありステイタスじゃないかと思います。どの国にも得意分野&専門職ってのがあると思う(とくに無い国もあるけど)。ファションものはやっぱりフランス&イタリア、映画・MUSIC・エンターテイメントはアメリカ、サッカーはブラジル、職人技は日本、、ってな具合いに、「モノにこだわることは雑に生きないということ」、ということではないか?。しかし他人が何にどう思おうが自由だし自分には権利も無い。

でも主婦さんは何か特別な日にだけ、イタリア製の食器を棚から出してきたり、記念日のお出かけにフランス製のバッグとイタリア製のシューズを箱から出したり。ロマンティックな日にだけロマンあるモノを身につける。でも、普段でもそういったモノをガンガン着たり使ったりしたほうが良いと思う。そうしないと「特別な日」じゃない毎日が「雑」になると思う。 毎日を、どうせ安く買ったんだから汚れても雑に今期だけ着たおしても気にならないし楽、ってな発想で過ごすと、「毎日の時間」が一番多いのに、一番たくさんの自分が「雑」になっていく。自分、もったいなくない?