おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

良い人になろうとすることもなく孤独をも恐れずに歩く

f:id:bearpond:20171206212929j:plain

あー、何であんなこと言っちゃったんだろう・・・!

って、後悔、自己嫌悪 で、落ち込む。

先日、バカらしい自慢してしまった。そんなこと言う場面ではなかったのに。

心臓に毛が生えてたらなー、って思う。

ずうずしい人間は大嫌いだけど、ずうずしくなれたらどんなに楽だろうなぁと思う。でもずうずしくなったら顔つきも汚いゲズな風貌になるのはわかっている。

どーでもいいじゃん!そんなこと。って思うように、思うように、頭をだましても、なかなか思うようにならない。

ひとつには、自分が良い人間であるべきだ、と思ってるからだと思う。

好かれよう、というのとちょっと違う。

嫌われてもいいのだ。自分がダメな人間ではなく正しい人でいるなら。

自尊心は大事だし、無くなったら自殺してもおかしくないモノだけれど、自尊心ありすぎて良い人間でない言動をしてしまったときの自己嫌悪が大きい。

そもそも、悩みと言うものは、人との関係で発生する問題ばかりである。

理屈では世界に自分一人しかいなかったら自己嫌悪も後悔も、何も存在しない。だから、人との関係ってのが、いろんな問題や病気を生んでるのだ。

先日は自分を良く見せようと自慢した、そんな失敗をした自分だが、最近の相撲のトラブルを見るに、あの貴乃花親方の揺るがない信念は、それが組織にとって正しいか正しくないかなどは別に置いておき、背筋を真っすぐに堂々とした姿、一点を見つめた顔、その姿は美しいと思う、と同時に、誰に言い訳することもなく、良い人になろうとすることもなく、孤独をも恐れずに、変人だという人もいるが、年下ではあるが気骨あるああいう男をみていると勇気がわいてくる。

f:id:bearpond:20171206220456j:plain