おとこひとり

60才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

自分にお金をかけない、かけられない、という人はどんな人?

f:id:bearpond:20171216193752j:plain

呑み屋で、

あまり好きじゃない友達「きょうもオシャレな服着てるじゃなーい!?」

けっこう好きな友達「○○ちゃんは自分にお金かけてるからねぇ、」

と、のたまわれた。

これを分析する。

  自分にお金をかける=服などにお金を使う

という意味で、彼らは言ったと思うが、

人それぞれの程度はあるが、叶姉妹じゃないのだからして、普通にオシャレしているわけである。自分は派手でもなくむしろシックであるし、ブランドロゴのモノはさけているしファションに興味ない人には、何がオシャレで何がダサいかなんて、わかるはずないし、そもそもこういった話題すら出ないはずである。

また、ユニクロの服を膨大に持っていて毎日違うコーディネートしていても、「自分にお金をかけてる」と言えるのだろうか?それも変だ。

目に見えるファッションで人は判断するが、自分に金かけてないと言うくせに実は通信・末端(スマートフォンやゲームやら)に金をかけてる場合がある。SNS系は目に見えない部分である。そこにかかっていることを棚に上げて、人を無駄な浪費家のように言うのである。

毛玉だらけのフリースによれよれのカーゴパンツにスニーカーで毎日いる人が金をかけないひとだろうか? 見るからに安い服を毎日のように着ている?ということだろうか? スキンケアなどせず、肌がガサガサで持ってるバッグもスニーカーも破けてて貧乏臭い人の事だろうか? これでは、ただの「だらしない人」である。

1円でも無駄にできない、という人はいると思うが、中流程度の生活レベルでの話で語ってるわけで、服に金を使うのは「バカじゃないの?」「浪費家じゃねぇー?」と思うだろうが、「自分にお金をかけない人」はさっきも書いたがSNS系に、通信系に金を落としてるこに気がついていない。それ以外では、具体的にどこにお金をかけているのだろうか?

子供の養育費、車の維持費、老後の貯金、といった家族のため、今に使うのではなく将来のためのものだと思う。

人のファッションをみて「をかけてるからなぁ」という人は、

”見えないところで金を落としてるのに気がついていない” 人であり、

「家族や将来設計にお金をとられるから自分の自由になるお金ないよ」

という、家族持ちの不満からでた言葉であった。

金額の問題ではなく、「自分と違う部分はどこか?」「どこに気を使ってるか」を、人は気にするという事だ。ネットや愛人にも金を使って良いけれど、それより自分自身の「見た目」に気を使ったほうが良いと思う。スキンケアもちろん、ヘアー、ボディー、そういったもの全部に。

自分を大事にするということは自分に金を使うということ。自分の見た目に気を使うこと。だから、自分に金使わない人は、どこかホコリっぽい雰囲気で好きになれない。

f:id:bearpond:20171216202847j:plain

ウールコンビパンツ、コンビチェッカーブーツ、中綿ダウンベスト、中綿ドライバージャケット、ウールレーヨンハイネックセーター、ウールハンチング、バッグ(サクッシュプールセル):HERMES