おとこひとり

60才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

冬のブルー

f:id:bearpond:20180115233013j:plain

茶色い服がたくさんクローゼットにある!

だいぶ茶色〜ワイン系の服を処分したのだが、シルクベスト、中綿ブルゾン、ウールPコート、カシミヤ3ボタンジャケット、まだ、まだ、茶色がたくさんある。これら、だいたいがHERMESである。確かに素材の質感も最高級であるがデザインと色味が地味なので、自分が着ると、どうしても田舎のおっさんになってしまうのである。

これまで自分はベージュ、茶色、オレンジや暖色系が似合うと思っていた。しかし、写真を見るとなんだか老けて見えるし地味だしイモっぽい。顔の作りが1番に問題だが、茶色って確実に5才は老ける。とくに顔の近くに茶色を持ってくると老人である。自分の顔色が黄色〜茶色系だから、同化してすごい地味になってしまうのだ。

それでいろいろ合わせてみて、最近はブルーが似合うんじゃない?と思うようになった。それは年をとったからだと思う。顔の色と同化しないで顔色をハッキリ見せてくれるのはブルーで、ブルーでも水色〜赤系のブルーではなく、グリーン系のターコイズ系のブルーが似合う気がする。

秋〜冬のブルーは難しい。ウールやアクリルなどのあたたか系の素材でフォローするしかないが、冬にブルーを着る、って、ステキ!と思った。