おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

美味しい店とまずい店

f:id:bearpond:20180121230015j:plain

f:id:bearpond:20180121230321j:plain

新しくできた友達と割烹風居酒屋に行ってきた。

刺身とか、煮こごり、かき、さらにイタリアン風のものなどなど、美味しい物が食べられる店です。小さな店、カウンターが6人ぐらいしかすわれないけど、まじめで上手な店主で気分良しです。こういう店を1軒知ってるといろいろと友達誘うのに便利。自分ぐらいの年齢だと、素材の良いちゃんとした料理でお酒を、ゆっくり飲みたいからね。

美味しい店、ということで違う話だが、この前の日曜日の昼に、回転寿し店に行った。その回転寿し店は「三ノ輪」という場所のはずれにある。周りに競合店がないからか、昼になると列ができる、、、だそうだが、食ってみて、恐ろしくネタが悪い。水っぽく味もなくはっきり言っておいしくない。ブリの握りなんて、普通ぶりって白っぽい身で絞まった感じだけど赤黒くて食う気もしない。赤身マグロも、何でこんな?というくらいひどい。冷凍だと思うがまったく鮮度なし。何でこんな店・・・・カウンター内の職人もブッチョずらで愛そうなく、言葉使いも接客と思えないくらい悪いし、こういった自覚がない職人と、このネタで良いと思ってる企業、それを食いにくる子供連れの客、もう少しでいいのでネタと愛想を良くしろと言いたい。もう絶対行かない。