おとこひとり

60才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

姿勢の悪いヒーローのマネをして良しとしている

f:id:bearpond:20180205214242j:plain

10〜20代の若者に多い、前屈みの猫背の姿勢

ゲスの極み乙女」とか、「スピッツ」とか、あのへんのミュージシャンに多くいる胸筋をまったく鍛えてない病的な良さを目指したかのような姿勢の悪いスタイル。

これはひとつのステイタスだといえる。

たとえば、ギターを持つと、どうしても前屈みになって姿勢が悪くなる。

そのスタイルがカッコいい!と思う人もいるため、ギターを弾かないのに、そういう姿勢をファションとしている。

これらは、日本人だけの一部でカッコいいと思われてる、姿勢である。海外の雑誌で、街で、映画で、見たことない。

堂々とした胸板の厚いギリシャ彫刻のような美を求めない男達。

強さより知識を優先した姿勢。

自分からしたら、彼らはまさにまったく違うジャンルの美意識で生きる人達だ。

f:id:bearpond:20180205220104j:plain

あのデスノート「エル」に感化されたのか?エルがその代表としてキャラになったのか? は、わからないが、確実にこの姿勢の若者たちはかなりの数で存在する。

ジイさんバアさんの姿勢である。姿勢を真っすぐに正しくすることが出来ない訳じゃない。そうしないのである。

漫画か、雑誌か、映画か、ゲームか、そんなものの中に、姿勢の悪いヒーローがいて、それを良しとして真似しているのだろう。そうとしか想像できない。