おとこひとり

BEARPOND[ベアポンド] ゲイ 1957年東京生まれ・在住 無宗教・無信仰・嫌煙 Mac在宅デザイナー ■話し好き。笑わせるのが好き。 ■自分大好きのナルシスト。自分がまあまあ最高だと思っている。自分がおもしろいと思っている。 ■銭湯・スパなど、裸になるところが好き。 ■酒好き。飯をたくさん食うヤツが好き。カラオケ好き。 ■イビキ・パチンコ・競馬・賭け事一般・ゴルフ・野球・などは嫌い。 ■洋服大好き。雑貨好き。買物好き。HERMES 大好き。女の所作にはきびしい。

50年近く前のフランス・パリのモデルファッション

f:id:bearpond:20180205224556j:plain

きょうはレトロです。

さあ、 このお方は誰でしょうか・・・?

今から50年近く前のフランスのファション誌ELLEに載った、、

 

イブ・サンローラン氏 であります。

何で裸? かは、わかりませんが。

 

サンローランにも、ちょっと凝ったことがあって、ウールの黒のPコートを買ったことがあった。ダブルでかなり凝ったデザインであった。

しかし! 死ぬほど重かった。

デザインのカッコよさに負けて重さはガマン!と思ったけれど、普通の重さじゃない重さであったので、ついに処分したのだ。袖が長かったのでお直しまでしたのに、残念である。

今、サンローラン着てるマダム、いるかなぁ?

f:id:bearpond:20180205225226j:plain

f:id:bearpond:20180205230924j:plain

同じく50年近く前には、毛皮にジーンズというのが新鮮であった。このコーディネートは当時初めてのチャレンジではないかと思う。カラフルに染めた毛皮もステキ。ジーンズのすそをキレイに折り曲げるなんて今では普通だが当時は一番新しい試みだ。悔しいが大昔なのに新しくカッコいい。

f:id:bearpond:20180205230942j:plain

モデルZAZIの普段着。 なんか普通。

f:id:bearpond:20180205231045j:plain街を歩くモデルショット

街並みとスタイルが合ってるし、とてもじゃないが真似できないカッコよさ。

すそ広がりのパンツルックはイイね。足が長くないと無理だけど。