おとこひとり

BEARPOND[ベアポンド] ゲイ 1957年東京生まれ・在住 無宗教・無信仰・嫌煙 Mac在宅デザイナー ■話し好き。笑わせるのが好き。 ■自分大好きのナルシスト。自分がまあまあ最高だと思っている。自分がおもしろいと思っている。 ■銭湯・スパなど、裸になるところが好き。 ■酒好き。飯をたくさん食うヤツが好き。カラオケ好き。 ■イビキ・パチンコ・競馬・賭け事一般・ゴルフ・野球・などは嫌い。 ■洋服大好き。雑貨好き。買物好き。HERMES 大好き。女の所作にはきびしい。

偽装結婚のGayがあまりに多いので自分はどこか麻痺している。

f:id:bearpond:20180225205254j:plain

#スカーフ:HERMES Pコート:THOM BROWNE+KOE

 

子供は嫌いだ。

子供を連れて食事に来る親も嫌いだ。

ガキはところかまわずキーキーキャー叫ぶ。

親は体裁だけで注意してスマホしている。

ガキは走り回ってさけび声あげて生きる生き物なのだから、それは別に良いのだが、食事処に連れてくるな!家で出前でもとって人前に騒ぐガキ連れてくるな。

しかし、こんな独身のGayのおっさんより絶対人数的の子供あり家族は市民権があり家族持ちの方がまっとうな人生であると言える。それに子供も家族もない奴なんてどこか問題あるという差別がどこかにまだある。変態じゃないのか?などどいう声も昔はよく聞いた。

それでも子供は嫌いだ。その家族も見たくもない。人として幸せは結婚や家族や子供と言われるが、そういうものに、見ててて幸せな気分になることなどまったくない。

女だから全ての女が子供が好きだとは限らない。女性イコール母性愛など幻想。男なんてさらに子供に対する愛なんて女に比べて無い。種付けとしての存在が大きいわけだから。

自分がもしセクシャリティーがノーマルで結婚などして子供持って家族という単位で生きていったなら、子供も家族も大切だと思うのだろうか?

しかし1mmもそれを想像できないし欲しないということは、それが必要ないということだから、家庭を持って子供を育てるという任務は、現世には無い、と断言してていい。なぜならGayとして生まれたからだ。

 

ここからが今日の本題だ。

子供や家族が欲しくてGayなのに偽装結婚してる奴らは自分の周りにかなりたくさんいる。結婚していないと会社の立場が悪くなるのでしている奴もいる。ゲイを隠して結婚している友達、知り合いはたくさんいる。仕事のため、家族や子供が欲しいから、だと思う。女性が知ったら怒りと屈辱で苛まれるだろう。Gayとしての要素を持っていて結婚してしばらくして目覚めた、と言うヤツもいる。

セクシャリティーによって家族、子供が持てないから偽装して欲望を果たす。何か恐ろしい隠謀を感じる。こんなことしてる奴らたくさんいることが昔からずっと疑問だった。偽装結婚の友達にはそんなことを突き詰めるのは、逆に多勢に無勢、であるから飲み屋ではできないが、自分の本音はそんな彼らを軽蔑をしているし、ある一線から親しくなることもないし、彼らが人(Gay)と上っ面だけで接しているのがよくわかる。Gay達と深いところで付き合う意識はまったく無い人種であり、とてもずるい人間なのだ。

そう、そもそも、結婚してるがGayであると知っていたなら友達にならないのだが、周りにあまりのそういう男が多いので自分はどこか麻痺してしまった。

奥さんを騙して、よく罪悪感に苛まれないか不思議だ。どっちも本当の自分だと言い訳する奴もいるが、それはどうかしている。わざわざ世間にカミングアウトする必要はないが結婚になると話は別だ。

たとえ自分のゲイを封じて誰とも浮気しないとしてもゲイを隠して結婚すること、奥さんを騙すことは人として軽蔑に値する。罪悪感でつぶされない心臓に毛のはえた精神の持ち主たちであることは間違いない。

さっきも言ったが、自分はどこか麻痺してしまった。

結婚している友達3人、知り合い2人。会うと普通に話す。でも心は違う、信頼関係は築けないし築くつもりも無い。

彼ら対する自分の考えはどうするか。

もう一度、冷静にこのことを考えてみよう、と思う。