おとこひとり

BEARPOND[ベアポンド] ゲイ 1957年東京生まれ・在住 無宗教・無信仰・嫌煙 Mac在宅デザイナー ■話し好き。笑わせるのが好き。 ■自分大好きのナルシスト。自分がまあまあ最高だと思っている。自分がおもしろいと思っている。 ■銭湯・スパなど、裸になるところが好き。 ■酒好き。飯をたくさん食うヤツが好き。カラオケ好き。 ■イビキ・パチンコ・競馬・賭け事一般・ゴルフ・野球・などは嫌い。 ■洋服大好き。雑貨好き。買物好き。HERMES 大好き。女の所作にはきびしい。

永遠に答えのでないこと

 

f:id:bearpond:20180510222607j:plain

悪いことをしたら、かならずバチがあたる・・・と言われてきたが、本当に信じれるか?

単純には、その悪いことと同等の目にあうのが道理だ、というのが理にかなっているが、それは、そういうことにならないと、あまりにも不公平で不条理でひどいという理由から、そういう考えが生まれたといえる。

そのバチとは、どこから来るモノだろうか? 今さらながら考える。

本当のことはわからないけど、人間の他に神とか宇宙人や誰かがいるのではなく、人間の執念とか怨念とか、そういった精神的パワーがバチや復讐を引き起こすものではないか? と思う。

科学者は神がいては困るし、宗教関係者は神がいないと困るし、どちらでもない人は悪い人がその報いを受けて欲しいと願うだけだし、人間の都合のいいように考えてるだけじゃないのか?

少しだけヒントが欲しい。どこからか、宇宙からか、何かから、少しのヒントを、もうくれてもいい頃じゃないのかと思う。

それにしても、こんな話は永遠にわからないままで終わる。年老いて、そんなことを考える気力も無くなっていく。

宇宙飛行士になって、宇宙の彼方から地球をながめたら真実が少しはわかるのだろうか?