おとこひとり

60才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

あらためて思うカイコガの神がかった姿

f:id:bearpond:20180814152101j:plain

f:id:bearpond:20180719143018j:plain

f:id:bearpond:20180719143024j:plain

f:id:bearpond:20180719143050j:plain

カイコはシルクの原料で有名だが、成虫の蛾の名前は「カイコガ」というのだそう。

いま、カイコ(まゆ)の中からとれたタンパク質を配合したコスメの仕事をしているので、カイコを調べていたら、その親のカイコガって、よくよく見るとすごい姿ですよね! 蛾だと言うと引いちゃってたけど、カイコガはその辺の蛾とは格が違う感じ。

まるでフィギュアじゃないですか、この姿。

何とも言えない風格というか、神がかった姿。

もちろん、飛べないということで、動きものろいし、ふわふわなからだ、なんだかかわいいです。

特に、この顔と目が、作り物みたいで頭に出た触覚がアニメしてます。

(モスラのデザインになったのは世界最大の蛾「ヨナグニサン」だというから、カイコとはちがう。)

シルクをいただき、ありがとう。