おとこひとり

60才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

TV通販QVCの突っ込みどころマンサイの服

突っ込みどころマンサイのTV通販QVCの Kikki の服。

そういう意味では注目している服である。が、服は作品ではないので、インパクトばかりにこだわっているブランドの服を着ると、普段では変な人になってしまう。

やっちゃった感の多いコム・デ・ギャルソンなんか、服を作品化しちゃってるので(デザインしてるヨ感)ドヤ顔が見えて鼻につくので着てる人が意地悪な人に見える。

 

さて、これからの話はTV通販QVC、Kikkiの服。

f:id:bearpond:20180724234357j:plain

f:id:bearpond:20180724234407j:plain

ゲストのキムラさん:説明で「ホラ、ホラ、ホラ、ホラ、ホラ、ホラ、ホラ、」と機関銃トークはやめれ〜!

f:id:bearpond:20180720205806j:plain

こちらの青いカーディガン、素材はリネン100%とガンばったものの、わざとだと思うが、とてもリネン100%使ったと思えないデザインで素材の個性が消された。この青の色、前タテのボタン部の色変え、わざと開いたポケットの中の色を見せるデザイン、黄色いボタン、青・ピンク・黄色・と幼稚園児のイメージである。

f:id:bearpond:20180724233912j:plain

f:id:bearpond:20180724233939j:plain

f:id:bearpond:20180724233949p:plain

園児の服、の成り立ちに共通する。園児にインスパイアーされたのだろうか? 、なことはないと思うが、配色の服と重ね着ファッションというのは、エレガンスさと対局で、低年齢化させ、大人が着て、その中から本当のエレガンスさが出る気がしない。

女が男の服(メンズ仕様の服)を着たときにかもし出されるエレガンス=セクシーさは、ただひとつ。それは、お泊まりのときに男の白いシャツを裸に1枚、女が着た時だ。メンズの大きいシャツをバサッとボタンを2、3個ははずして長い足がシャツのスソから出て、コーヒーかなんか飲んでる姿・・・これでしょ。

 

 

浅草に住んでたときに、何でも売ってる安売り服屋で売ってた、ポケットからベロが出る服だ。↓

f:id:bearpond:20180720210526j:plain

調べたら、衣類卸会社「アップスタート」(東京・目黒)が2009年から展開しているオリジナルブランド「アップスマイル」シリーズ、だそうだ。

f:id:bearpond:20180720210834j:plain

f:id:bearpond:20180720210919j:plain

↑これは Kikki ではなく、アップスマイルの服である。ちまたでは3大ダサ服と言われている服のひとつである。

しかし!先日スーパーのレジ待ちしてたら、前にいた親子の娘(超ブス)のほうがこのブランドの上下を着ていたのだ! ビックリした。これ、普通に着れる?

Kikki もこちらも、二社とも同じテイストであると思う。もちろんデザインはikki のほうが洗練されているが、指向が似ていると思うのは自分だけだろうか?

二社とも赤・青・黄色・といった単純で幼稚なカラーを好み、ボーダー好きであるし、色使いすぎ感あるし、パンツもなぜかサルエルであるし、こういうジャンルはストリートギャング系のふんいきを良いとするファッションである。

それを女子が着ても、田舎感がでてしまう・・・・

(でも、その人の趣味だから勝手に着ててくださいと言うだけだが)。

 

もうひとつ話

やはり、ポリエステル素材は服が安くつくれるので通販の服はほぼポリ100%である(ポリウレタンが入ってることが多いが)。

このポリエステルは「肌触りが良い・・・」わけは無い。

どんなにこった糸で織ったとしても、熱を持ち(もともと石油だから)、肌あたりが悪い(人工のせい)。

だから、ビジュアルでよく見えても着ると着心地は思ったより悪く、見た目も至近距離だとかなり安っぽく、自然素材には勝てない。

f:id:bearpond:20180720212956j:plain

麻布プロバドール・サワサキ氏とミミさん(正体不明)のコラボの服「ピクシー・ハート」。 レトロで良いデザインなんだけど、ポリエステル素材が多いのが残念である。デザイン主旨がはっきりしてて良いのだから、高くなってももっと良い自然素材使ったら、感度の良いファンが増える気がするだが・・・