おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

結婚してる人のどうしようもない人間関係は醜い

f:id:bearpond:20180720221030j:plain

<普通の人のイメージ>

結婚してて子供がいて 両親とも生きてて、

郊外にマンション買って住んで、

たまに両親と食事したり・・・

そういう夫婦って、普通にたくさんいるようで、それが日本の人たちであるだろうから、幸せなんだろうな、と思っていると、義理の両親や兄弟、本人達の人間関係で悩んでいる人たちがたくさんいることが、ネットの相談室でわかった。

 

「妊娠7ヶ月の妻が、内緒にカギをつくって自分の親に渡し、勝手に家の掃除しにきて触るなと言った自分のものをさわる(夫の話)」

とか、

 

「子供2人いる主婦、別れた夫が自分の妹と結婚し子供つくってトラウマで悩んでいるのに、両親が子供が生まれたんだからもう許してあげて、仲良くしてくれ、と言う」

とか、

 

あげればきりのない、どろどろした関係。

 

しかし、ただの人間関係じゃなく「血縁関係」での問題は、

逃れない地獄じゃないのか? とおもう。

子供、親、妻と夫、親戚、兄弟、・・・

こういう人たちとのいざこざは 恐ろしい。

 

終わりにすることはできる・・・でも子供がいなければの話だろう。

 

結婚して子供ができたら、 それは喜びと反面、地獄である。

もう しがらみという蛇がからみつき、すべても自由がなくなるのだ。(子供がいないのに言うな、というが、とんでもない、いたらあなたたちと同類になってしまうではないか)

 

結婚する前は、きっとこんなことになるなんて想像だにしなかっただろう。

態度の問題、不倫・・・ 他人が結婚し、その両親達が親類になって、ただそれだけで、まったくの他人が一気に増えて、性格も育ちもちがう人たちに気を使う人生が始まる・・・

みんな、それでも 家族がほしくて予知できない問題を考えずに、

ひどい状況になっても その状況が自分の人生だと思い、

雲がかかった人生を がんばって生きて行くのだろうか・・