おとこひとり

60才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

いつもの納豆はやめてレトロな新しいものに変えた

f:id:bearpond:20180815174425j:plain

f:id:bearpond:20180815174440j:plain

いつも買う納豆が品切れで、

たくさんある納豆の棚から、良さそうなものを選ぶが、

裏の表示が

 

アメリカ・カナダ産大豆使用

 

というのが、めちゃ多い。

アメリカなどは遺伝子組み換えの豆が混ざってる可能性がある。

 

国産大豆使用と銘打ってるのもあるのだが、

大粒だったりする(大粒は苦手)

 

もう納豆買うのやめようか?とおもったが、

容器が他のとちがい、昔っぽいのがあったので、これにしてみた。

もちろん国産で宮城産、

紙の包みがおいしそう。

なんでもこの紙包みで発酵をうながしてるのだそう。

 

村松博士製法 と書いてあるが、岩手大学の教授で、

この納豆の発酵を研究してる人だそう。

いったいどんなもんだろうか。

ちょっと割高だが、1袋の量もよくある納豆の倍ぐらい。

二人前だね。

田舎の納豆? というイメージで、普通でクセのない納豆。

普通のパックの納豆だと、容器からビニールを取るのに面倒、

タレの袋を切るのに面倒、カラシの袋の切るのに面倒、

などなど、 これはそんな面倒がない。

ただの紙袋に直に納豆が入ってるから、すぐに食器に出せる簡単さ。