おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

人間同士のちがいは生まれや育ちや教育の差ではない。他に理由がある

f:id:bearpond:20180925212615j:plain

人と人は何でこんなにちがうのか?

人同士は何でこんなに争うのか?

他人と自分がちがうのは、

ただ生活が、生まれが、教育が・・ちがうからなのか?

「輪廻転生」が、あるという前提で考えると、

次の疑問の答えが、何となくわかると、思う。

 

<疑 問>

なぜ、落ち着いた人と、ミーハーな人がいるのか?

なぜ、ギャンブルや酒やタバコやスマホに依存してしまうのか?

なぜ、好奇心の強い多趣味の人と、無趣味な人がいるのか?

なぜ、金や名声に固執する人と、どーでも良いという人がいるのか?

なぜ、落ち着きのない人と、落ち着いている人がいるのか?

なぜ、善と悪が、無意識にわかる人と、わからない人がいるのか?

etc  etc....

 

・・・・人と人のちがいが 何であるのか?

ただの性格の差? とか、

育ち方の差? 教育の差?

とかの理由では、納得いく答えではない。

 

これらのちがいは、

その人が どれだけ「転生」をしたか?

過去にどれだけ長い、長い、人生を生きてきたか?

どれだけ、たくさんの経験をしてきたか?

つまり「転生」の回数の差と質、

・・・で、

決まるのではないか?

と、考えると、納得いく気がする。

 

たとえば、キャキャーと好奇心旺盛で

いつも落ち着きがないとか、

有名人に弱いとか、

お金に固執してる、とか、

ギャンブルやスマートフォンや、

ゲームに依存する人々、

いつも、何か満たされないでいる人々、

過去の転生の回数が少ないので、

欲望に負けてしまっている、、

と言えるのではないか?

(欲望が悪いという意味ではない。いまの人生、そういう段階だというだけ。)

 

同じように、

人から無趣味だし、好奇心無いねーとか、

地味だねー、とか、

いつもボーッとしてて、何が楽しいかわからないねー

とか、野望や名声やお金に興味ないの?

とか言われてる人は、

たくさんの過去の転生で経験を踏んでいるので、

もう欲というものがない、と、言えるのではないだろうか。

 

欲望がおうせいで、活動的で、何かに向かっていつも忙しく・・

そういう人が、すばらしい生き方だ!と、いうのは、

こういう考えから言うと、

逆に、まだまだ人生が足りないだけ、、ということになる。

だから、

何もじまんすることがなくても、卑下することはない。

むしろ、自分が覚えていない遠い過去に、

すべてを取得した結果が、「今」ということだから。

 

また、

人の「相性」って言うのは、

同じぐらいの過去の人生を歩んできた同士、といった、

壮大な理由があるからではないでしょうか。

 

人は何でちがうのだろうか?

という疑問には、

こういったことでしか、解決は見いだせない。