おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

年とるとわかる、若い時の悩みの小ささ

f:id:bearpond:20181020215947j:plain

若いときの絶望感というのは、

「この先、何十年も今の自分で生きていかなければならない・・・」

と考えるからでしょう。

でもね、60年以上生きてきてやっとわかった。

自分は、自分にしか、なれないんだ、と。

バカをやっても、ブスでも、ハゲても、傷ついても、失敗しても、後悔しても、ほかのステキな人にはなれない。自分にしかなれない。自分だから失敗し後悔した、だから、それが自分の本当の姿だと、はやく気づいて。

 

 

実は、何十年というのは、あっという間なのです。

1日、1年、10年・・・人生は思っているより早くすぎる。

(苦しいと思うと長く感じるだけ)

きょうまた1日悩んで死にたくなっても、

それが ひと月、1年、3年と経ち、気がつくと10年経ってた・・・

なんてことになります。

すぐにやってくる先の人生を、

今心配するのは無意味です。

今20代の人も、あっという間に50、60才になります。

年をとったときに、20代の頃の悩みがバカらしかったことに気づくのです。

 

40、50代で大きな悩みにぶつかることもある・・・それは、20代の悩みのとは質がちがっていて、たいていの中年の悩みは「病気・金・親族」でしょうから、しがらみが起こした悩み=生活習慣病のようなもの。こんなのは「欲」と「打算」を捨てれば、解決するもので、ぜいたくな悩みです。

だから、若い人は、打算的な大人になる前に、早く自分をしばるすべてから解放(忘れる=考えるのをやめる)して、あっけらかんと楽しく生きたほうがたいいですよ。どんなに人をうらやんでも、失敗を後悔しても、それが本当の自分。自分は自分にしかならないんだから。

年とると、結婚に子供に親の介護に、しがらみで、がんじがらめになる人がほとんどだから。

100年はあっという間だと、考えてたほうがイイね。

人は100年足らずで死んじゃうからね。

 

  • 自分は自分にしかならない。
  • 自分は誰かちがう人にはならない。
  • 人は、自分を生きていく・・・

人は自分にしかならない、から、自由にやりたいことやれば良いんじゃない。国を無くした難民じゃないんだから、日本人なんだから。

こういうことを考えるとき、

あの歌をいつも思い出します。

 

Fof myself  Fof myself

幸せのカタチに こだわらずに

人は 自分を 生きてゆくのだから

Fof myself  Fof myself

・・・・・

♬「あの頃のまま」 by Bread & Butter/詞&曲:荒井由美

 

※画像:ショーン・タン アライバル/難民をテーマにしたイラスト集