おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

バッカじゃないの?とまでは言えないが、かなりあざとい表現

f:id:bearpond:20181217134810j:plain

最近、「フェイクムートン」のことを、

 

エコファー

 

っていうのがだんだん普通になってきている。

 ※画像はQVC価格 ¥18,990 (税込)・「kikki」のフェイクファージャケット

 

さらに

ダウンっぽい詰め物を、

「エコダウン」とか「中綿ジャケット」とか言わなくて、

 

フェイク ダウンジャケット

 

って言うらしい。

 

もっと気になってたのはユニクロの商品名のあざとい付け方。

 

たとえば、ベルト付のスカートは

ベルテッドフレアースカート

 

ダブルのジャケットは

ダブルブレストテーラードジャケット

 

たとえば、

フード付でベルト付でぬい目のないダウンは

 

フーデットベルテッドシームレスダウンジャケット

 

っていうの??? まったく変である。

 

いかにもすごそうなモノって感じに言っちゃって、

こういう言い方って、安っぽくなのヨ!って感じでだまされちゃう人いるかも?・・・

 

英語で言えばなんだかカッコいい服かも?って表現が、ちまたに溢れ出している。

そして、もうこれ言っちゃったら、年がバレる言葉は、

 

 

  • とっくり
  • コールテン
  • チャック
  • ちょっき
  • ジーパン
  • ジャンバー
  • 背広
  • 靴下
  • えもんかけ
  • お便所
  • ご不浄

 

 

・・なんてのが、あげられる。

すべて日本語である。もう服業界で日本語はダサいのであろうか?

でも、ぎゃくにわざと言っちゃうのもありかな?とも思う。

 

なんだか、いろいろ方法を考えて、時代的にもダサくないような表現がつくられていっちゃうってのが服飾業界なんだね。