おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

30年前のやさしい人たち

f:id:bearpond:20190201212507j:plain

バラバラに箱に入ってる写真を、

久しぶりに出してみた。

いまは写真を紙焼きなんてしない時代なので、

ずーっとしまったままの人はたくさんいるでしょう。

これは、2丁目で遊んでた頃。

誰が撮ったのだろうか?

10人も座れない店。

この写真をみると、リアルに昨日のよう。

良い雰囲気だねー、 と、思う。

(え? 自分はどこに居るのかって?)

上の写真は、約30年まえ。

となりの方は、

もう一件よく行く他のバーのマスター。 

このマスターの店のインテリアは、

いま思うと、先端をいっていた、と思う。

店の内装はブルーグレーで統一され、かなり暗く、装飾は皆無。

カウンターのみで、花も植物も絵も何も無し。

おつまみは、ナッツのみ。

ミニマムなこだわり。

  

マスターは新潟、大分、、だいたいが地方出身の方々で、

東京人には無い、温かさと、やさしさを持ってる。

新宿は、人情の街・・・。

でも今は、もう時代が変わって、

みな、田舎に帰ってしまって、

新宿には人情のある人は、残っているのだろうか?