おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

老けない人の理由

f:id:bearpond:20190212230743j:plain

f:id:bearpond:20190212230751j:plain

↑これに3つ以上チェックした人は要注意、だそう。

 

きのう行った本屋で、買った。

「老けない人はこれを食べている」と、そそる題名。

買って、アっ、という間に読破。

 

内容は、

「酸化」と「糖化」が体に悪く、

体内にたまるこれらの悪い物質名を AGE 言うらしい。

 

「酸化」はさびる。

「糖化」はこげる。

と言うらしい。

 

酸化よりも、「糖化」がすごく悪いらしい。

 

で、

その AGE は、シミ、シワ、顔色、糖尿、白内障、などなど、もう悪いことばっかり起こす。多くの病気がこの糖化によって起こされるそうだ。

それに、一度体内でAGE がたまると、自力では無くならという、恐ろしい事実。

糖尿病と認知症は、切っても切れない関係らしく、「糖尿病性認知症」と言っても良いくらいであると言う。この糖尿病も、認知症も、AGE が原因で、老人に多く見られるシミ、ってあるが、そのシミの原因がAGE だと言う。

つまり、シミが多く見られる老人はAGE を多く体にあるということで、「糖尿病性認知症」になるか、なってる可能性がある、ということだ。

 

で、

その「糖化」の原因はというと、

 

”茶色い食い物” に原因があるらしい。

つまり、焼いたもの、こげたもの、などにはAGE になるものが大量にできるそうだ。

食い物調理は、煮る、蒸す、などにしたほうがいいとのこと。

おどろいたのが、コーヒー。

インスタントコーヒーはドリップのコーヒーの3倍のAGE があり、ドリップも、つくったらすぐ飲まないで1時間後だと、8倍にAGE が増えるそうだ。

 

食い物のワースト3は、

1位 フランクフルトソーセージ

2位 ベーコン

3位 フライドポテト

で、

これらを焼くと、何倍ものAGE ができるそうで、

ひじょうに危険で、食わないほうが良いとまでいっている。

とくに、フライドポテト、ポテトチップスは

ひじょうにヤバいそうです。

 

そのAGE をできなくする物質にいろいろあれど、

赤ワインに多く含まれるポリフェノールが効くそうだ。

フランス人がチーズなど食ってるのに心筋梗塞が少ないのはワインを飲んでるから、らしい。

 

そしてこれは食い物のことではないが、肌の老化防止には、

肌は絶対にこすらない!

動かさない、

手で直接触れない、

タオルでこすらない、などなど、

これはすごいね。徹底した「肌ケア」だね。

エステでこすりまくる・・・なんてもってのほか!ということらしい。