おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

失敗の路線、まっしぐら

f:id:bearpond:20190301161653j:plain

日本製のTシャツを探してて、

ん? これ、同じもの?

という画像がった。

もちろんモデルがちがうのだから、と思うけど、

服って、体型のちがいとか、

着こなし、で、ちがって見えるけど、

一番は、

 

 

顔。ですヨ。顔。

スタイルのちがいは大きい。でも、

 

だから、服って失敗する。

モデルじゃなくて、「つるし」で買っても失敗しても納得する。

しかし、想像力の無い客は、「つるし」ではイメージがわかないので、モデルが着てるのちょうだい!とか、だれかが着てるので判断してしまう。

=失敗の路線、まっしぐらである。

 

あるブログ(女性)に、

ブランドを買ってたが、もうプチプラにした。そのわけは、お尻がピっと上がっててカッコいい体になれば、プチプラでも十分カッコいい。つまり、体を鍛えれば服なんてどーでもいい。

みたいなことが書いてあった。

そう、そのとーり。

男なんか、絶対にそうじゃなくちゃダメである。

体が貧弱ではステキじゃない。一部にはひょろひょろで軟弱がカッコいい、という奴らもいるが、美的に屈折しているとしか思えない。