おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

スポーツウェアを街着に

f:id:bearpond:20190323222225j:plain

最近、スポーツミックスなるファッションが、ちまたで流行っているが、

パーカーとかスウェットパンツをオシャレに着こなす!

ってかんじですが、

何十年も前のカルフォルニアのセレブのような感じ?

が、いま、また流行、ってことでしょう。

歌手の安里(あんり)はカリフォルニア在住、だったかな?

そんな、安里が着てそうなファッション。

銀座にも行けちゃうスポーツミックスファッション。

けっして、近所のコンビニに買いに行くカッコ・・・ではないので。

と、自分も最近、このスポーツミックスに移行しつつあります。

NIKEのシューズにウェア、adidas などなどを、探して。

 

このブログを見てる方ならわかると思うけど、

自分のこの顔と、この体型にして、ヨーロピアンモード系が好きな自分(HERMESとか)・・・・であったが、

じつは、ぜんぜんに合わないのを気がついては、いた。

HERMESで、たとえカジュアルなデザインだったとしても、

西日暮里にいるちょっとヤンキー崩れのオッッさんになってるのに気がついていた。

それで、今年、思い切って服を処分しています。

すでに、このブランドのコートは0、ブルゾンは5、6着、シューズが1足、バッッグはすべて処分して0。

 

あー、気持ち良い。

全然、愛着がなかった・・・ということでしょう。

たかが「服」、ということだ。

 

これで、「着ないともったいない」病は、治りかけてます。

 

ひとつ、信念に背いたのは、ポリエステル素材を着ないと、書いたことだ。

ポリエステルなどの合成繊維は肌にはよくない、、というのは前にも書いたが、しかし、言い訳させてもらうと、オシャレ着のコートだったり、自然素材でしかるべきところを価格のためにポリなどを使う、というのは、よくないと思うが、スポーツ系の服は、むしろ合成繊維であるほうが適しているし良い、ということだ。

 

でも、スポーツアイテム入れたファッションって、実はむずかしい。

女性なんか、出た腹や短い足はチュニックでごまかせるど、スポーツウェアではごまかせないので、お尻がピッっと上がってないと、似合わないむずかしい服だ。

f:id:bearpond:20190323222051j:plain

もろ、ジムに行くカッコだけど、高感度は良い。

f:id:bearpond:20190323222320j:plain

ちょっと色が地味だなー、でも健康的で良い。

雰囲気が和風の人、アクティブな感じじゃない人、は、

残念だが似合わないと思う。

自分の顔と相談するべし。