おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

気を使わないで体温をもらえる人を探そう

f:id:bearpond:20190409013655j:plain

自分は、ほんとに「心配性」だと思う。

(こんなに心配性だったかなぁ・・?)

と、自分でビックリするくらい、年をとるにつれて、「想像力」がおうせいになって、とくに、悪いことへの想像が大きくなってきている。

これは、まったく無意味で不必要な感覚である。

と、頭で思う。

 

この世で、一番必要で、

一番、克服しないといけないこと、

それは、

 

恐怖心(不安)

 

である、と、

とある文献で、よく見かける。

 

 

人間から「心配事」がなくなったら、どんなに幸せだろうか?

「心配」や、「不安」が、すべての不幸を呼んでしまう。

 

「あした、どうしよう!」とか、

「あーやばい!」

みたいな、心配が、体も精神も、むしばむことは、頭で十分わかっているのだが、その思考を聞こえなくするする技がない。

 

例えば、舞台に立つ事になって、大勢の前で何かをしなければならないとき、「失敗するんじゃないだろうか?」「恥をかくんじゃないか?」「失敗したらやばい」みたいな、そんな考えがおそってくることなど、身近な不安現象だが、人生にはもっとひどい状況があるだろうが、すべては、思考による「不安からくる恐怖心」が起こす、バーチャルなウソである、と、言える。

 

いま、なによりも一番、欲しいものは、

 

不安からくる恐怖心をなくしたい。

 

ということ。

まったく無くなることは、何だかよく無い気がするので、ほんの少しだけ、不安や恐怖を感じられるように、なりたい。

何かのモノゴトがうまく行かないときに、こういった不安が増幅することは、きっと、病んだ事あある人ならわかると思う。

しかし、ほんとうは、不安に思っていたことが大事件に発展した・・・ということは、ほぼ、ないのである。よくないことが起こる場合は、それが予測できないとき。予測できてる場合は、起こらない。

自分の場合であるが、オカルト漫画やホラー映画のえいきょうで、例えば、顔におできができて、なかなか治らなかった・・・となると、次の朝には異常な腫れ物となっていた(カフカの小説のえいきょう)・・・とか、「♬ピンポーン」とインターフォンが鳴って、見知らぬババアが映ったとき、何かの悪い前兆ではないだろうか(「猿の手」のえいきょう)・・・とか、冷静に考えると、実にありえないことである。

映画の脚本だったらボツになるほど、つまらない発想である。

 

こういったクダラナイ不安を無くすため、ちまたでは、インチキくさいセミナーがあるようだが、手っ取り早く、「誰かに頼っちゃおう」というのでは治らない。

その理由は↓

 

心の声セミナーでしっかり治そう=せっかくお金だしてセミナーに通うんだから)

 

という、損得勘定が必ず働くのです。

そうすると、

 

無意識の心の声(通うんだから治らないとおかしい)→(自分が治らないと意味ない)→(がんばったのだからきっと治ったはず)

 

つまり、

無意識に、自己催眠をかけているのと同じことで、「治らないと意味ない」「治ってない自分は変である」、という発想が無意識に働いて、治ってないのに、頭が治った事にしてしまう、のです。だからセミナーなどというものはやめたほうがよい。

 

話はそれましたが、

不安からくる恐怖心をなくしたい。

その、確実な方法は、いまだ見つからず。

 

しかし、ひとつだけ(知っている)なくなる方法がある。

それは、

 

他人の体温を感じること。

 

これは、誰でも良いわけではなく、簡単に言うとマッサージという行為が本来は「人の手による癒し」であるように、つまり、「手をにぎってもらう」「背中をさすってもらう」などのような、何か特別なことをするのではなく、ただ人の体温をもらう事、そういう行為が、不安や恐怖心を消す方法ではないか?と、思う。

人には好き嫌いというものがあるが、そういうことではなく、突き詰めると「人間」というものは、誰かのエネルギーや共鳴するもの、を、もらったり、あげたり、ということで、古代から修復や進化をしてきたのではないだろうか?と、思うからである。

そういうことが無くなってしまた現代だから、精神の病がおおくなったのではないか?などと、思う。

でも、自分で言うのもなんだが、この仮説は言い得ているのではなか?と、思う。

薬で治すのではなく、原始的、かつ、神秘的なイメージはあるが「人間」には、見えないエネルギーは確実に存在するのだから、それが治すこともあり、攻撃することもあり、一番簡単で、お金がかからず、セミナーのようなものでもなく、ただ人の温度をもらうだけ。

静かで落ち着く場所で、気を使わないで体温をもらえる人に触ってもらう、触れてもらう。(現代ではこういう状況をセットするのは、とてもむずかしいので、なかなか病が治らないのだと思う)