おとこひとり

61才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

ごめん!プチプラ。

法事の予定があって、まあ普段着でいいか?と、思っていたら、黒の上下に白シャツで、、、と言われてしまった。 どうしよう?そんなもんはすべて断捨離して、捨ててしまったのだ。

本物の喪服は20年ぐらいまえに捨てた。で、ちょっとした席には、黒のカットソーのパンツとか、ニットのジャケットとか、普段に使ってる洋服の延長線の服で代用していた。

白のワイシャツも、すべて捨てた。というのは、コットン100%とかだと絶対にキツくて入らないのだ。最近はダイエットしたとは言え、胸筋とアームはその辺の軟弱のガキとはちがって、筋肉太なので、ストレッチ素材じゃないとむずかしいのだ。

しかし、こんどの法事では、代用になる服が1着も無い。たった数時間のために何万もの服を買う気はいっさい無し。そんなに格式ある用ではないので、安もんでまとめるかと。

しかたないのでZOZOのセールで黒の鹿の子のジャケット¥3731、黒のジャージのパンツ¥2431、黒のニットのネクタイ¥990、白のシャツ(伸びそう)¥927 を買った。安いねー。全部で¥8000ぐらいだもの(ほんとは5000円ぐらいにおさめたかった)。昔とちがってGUとかユニクロとか、プチプラ商品がちまたにたくさんあるので助かります。しかし、GUでは検索してみたが、ジャケットもパンツも、商品数が少ないので希望の品は無かった。ユニクロは最初から却下。検索はしなかった。なぜか?ユニクロってダサいくせに意外に高いのです。それに、服のシルエットがセクシーじゃないので(田舎もんのカッティンク)いくら法事の一瞬だからといって、いくらユニクロだとわからなくても恥ずかしくてイヤです。