おとこひとり

62才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

あと3日で 今年も終わり

あと3日で 今年も終わりですネ。

意味も無く、何だか焦ってしまう年末であるが、

若者の忘年会離れは当然である。

もうそういう時代ではない。

昭和も平成も終わったのに、

尊敬できる上司も理想の上司も、

現代ではたぶんもう何処にも存在しないしこれからも現れないだろう。

個人対個人の付き合いは会社には必要なし。

 

そんな自分は

呑み屋主催のクリスマスパーティーもキャンセル。

忘年会も お断り。

これってひきこもり?

いわゆる高年齢者の引きこもり?

まえは無理して参加してたんだと思う。

無理して呑み仲間の輪に入っていた気がする。

誘われるうちが花ヨ!なーんて思うけど、

有意義な時間を使ってなかったな、と思う。

家でひとりでテレビの映画観て、

歌番組観てたほうがリラックスできて、たのしい。

 

お腹空いたらてきとうにメシ作って。

ひとりもんはお気楽。

近所なんてかんけーね〜って感じで。

強がりなんてまったく無くって、ひとりって楽しい。

人がいる場所でひとりになりたいときには、

(この意味わかる?)

どっかの商業施設に行って洋服や雑貨でも見て。

むかしっぽい喫茶店があったら入るけどもう、そういう店は無いし。

 

年末と正月は、

東京生まれじゃない人、

レジャーで遊びにいく人、は、

みんな東京から脱出しいなくなるし、

道路に車も少なくなって

空気がきれいになるのがハッキリわかって、

静かでキレイな東京になる。

それだけは東京の正月の良いところ。