おとこひとり

62才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

黒にもいろいろある

女は年齢30ぐらい、男は35ぐらいかな。

女のカッコは、

黒のジーンズ、黒のダウンジャケット、

黒のムートンブーツ、

濃いネイビーのリュックに生成りのトートバッグ。

男のカッコは、

黒のジーンズ、黒のダウンジャケット、

黒のローカットスニーカー(底は白)、

グレーのVネックセーター、

濃いグレーのマフラー。

 

んんんん・・・・・

すべて黒。

自分も黒好きだけど、なにかちがう。

このカップルの黒は、ツヤがない。

上品なマットな黒なのだ。

ジーンズもダウンもシューズも、すべてつや消しのコットン風の黒。

なので、ホコリっぽい黒なのだ。

黒はマットな生地とツヤのある生地でコーデしないと、ただの黒団子になる。

黒って、とってもむずかしい。

二人で歩いてる姿は、若いのに、

地味

地味すぎる。

カッコよくなるはずの黒が、まったくカッコよく見えない。

アウターで黒を着るとき、一番むずかしく、ダサくなるのが

普通の黒のダウンジャケットである。

今日もたくさん見た。

黒のロングダウンのオバさんたち。

オバさんは黒でまとめたら失敗だ。

中年女の黒ずくめほど、気持悪いものは無い。

ダウンジャケットって、ナイロンかポリエステル、たまにウールがあるけど、オバタリアンはだいたいポリエステルを着ている。

みんな似たり寄ったりである。

どうかがんばってほしい、黒のダウンジャケットのコーデ。

男も真っ黒がいた。

オシャレしてる風じゃないけど、全身黒だ。

オシャレに見えない黒い服、または、黒を着てるのにオシャレに見えないって、かなり残念だ。黒い服でまとめたなら、ぜったいにオシャレに見えないと意味が無いのだ。

・・・そうです、やっぱり中味であるボディーがかっこよくないと何してもダメなんですヨ!残念!