おとこひとり

62才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

人間哲学

日本人の多くの人は「損益」で物事を考えない

11月3日(火曜)は文化の日 祝日です。 そろそろ秋も深まってくる頃。 ・・・と、ずいぶん先のことですが、あと3ヶ月ちょっとなんですね。 何を言いたいか?というと、この日が アメリカ大統領選の日 だからです。 興味のある人も無い人も、今回の選挙は…

「食い物」というものから「見世物」にしてしまうこと

ゴヤ:我が子を食らうサトゥルヌス 中庸(ちゅうよう)を保つことはすごくむずかしい。 ブッダが説いたこの中庸は、一体どこの地点でやめたらいいのか?のような、気持ちの判断が必要になってくるから、その都度状況をよく考えて行動や行為を自分でストップ…

セックスと暴力

前からなぜか気になっていたことがある。 そのまえに言っておくが、自分、カマトトではありません。気持ち悪いよね、62のおっさんがカマトトだんだんて、ありえないーー 遊びも散々やってきたが不道徳なことはそれほどやってないと思うし、人が思うほど変…

日本人が慎重になってしまった理由

自粛が解除されても、とても慎重な日本人。 一部の人はサーフィンに集まっているようだが、それでも外国に比べたらとても気をつけている気がする。 日本人を一言で何と表現しようか考えていたのだけれど、ピンときた。 日本人は、 慎重 な国民なのだ。 SNSで…

ブラックでも思想でも何でも無いならすぐにやめることだ。

おにぎりアートっていうらしい。おにぎりでリアルな動物の頭部を表現する・・・または、顔を作ったりしてお弁当に入れたりする。子供が喜ぶと思って? しかし!よーく考えて見てください。=まえから思ってたけど食べ物で何か違うものを表現することはやって…

共感したあとには否定しにくい

Art : MORDSTEIN 流されてはいけない!人の心理 ちょっと前のニュースで、今回のウィルスに感染しその体験を動画にした男性を取り上げていた。 ウィルスは恐ろしいものだ!という社会的警鐘を鳴らす目的で動画公開したらしい。感染してから入院中の辛かった…

グッドタイミング!実は悪魔のイタズラ

絵画:味戸ケイ子 自分は絶対にだまされない!って思っているけれど、なかなか敵を見わけるのはむずかしい。 運命を信じる、とか、偶然はこの世に無い!と思ってる人は、とてもだまされやすいと、つくずく思った。自分も偶然は無くすべて必然だと思っている…

考えることで世界が変わるならずっと考えていたい

こういうときだからこそ考えるのは、職業(仕事)について。 何を職業にしても法を犯すようなことでなければ、 自由だと思う。 でも、 それ、人にとって必要な職業? それほどでもない職業だ。 いらないんじゃない?その職業。 と、こう頭のなかで分けてしま…

無宗教という名の八百万の神を持つ日本人

「日本って、日本人ってすごいよ!」って言うもんなら、昔だったら、国粋主義者とか右翼かぁ〜?とかって言われかねないけど、今は違う! みなさん、今回は実感してません? 今回のウィルス対策ではヨーロッパやアメリカでは考えられない「自粛」と言うだけ…

先祖って自分と同じ

↑画像は昔の家の台所の窓に留まったヤモリを撮影。 一生懸命に生きてますか? って自分自身に聞いてみる。 うーん どうだろう・・・ 答えられないわ・・ 毎日毎日必死で生きてる、とは言えないし、歯を食いしばって生きてるってわけでもないし、かといって楽…

人のブログを読んで反面教師になる

偶然にクリックした他人のブログを読んで、なんだかイヤーな気分になった。大学の教授?らしいその人は英語が得意らしく、東京都の小池知事のステイホームという英語やキャッチフレーズが気にくわないらしく、間違ってる、とか〇〇を付けたらいい、とか、こ…

レ・ミゼラブル

これは2012年の映画「レ・ミゼラブル」のポスターです。ヒュー・ジャックマン主演。 映画は好きだけど 20インチのテレビのCSでちょこっと観て、それで満足。 レ・ミゼラブルは、有名すぎるぐらい有名で、映画やミュージカルなどあるけど、それゆえに、…

あらわになった集団を見ることになった、その意味を見逃さずに考えること

きのう(月曜)はいつも行くジムも、普通に定休日で休みであるが、このウィルスで週末から臨時休業である。かしこい人だったら、政府が週末は出歩かないように、不急不要は・・・、と言っている意味がどんな程度のものなのか、わからないといけない。政府は…

「良心」

びっくりじゃないですか?! 大雪です! 4月も目のまえなのにね。すごいことです。14時ごろにはやんだけれど、積もるタイプの雪で階段をチリとり使ってか雪かきしました。 昼過ぎにNHKのニュース見てたら、え!?じぶんちの前じゃん?ここ?って、報道さ…

62にして迷う

自分の気持に素直に生きること。 これが一番大事なこと。だと、ある本に書いてありました。 良い子を演じることが習慣になってしまい、自分の気持よりも人の気持を優先してしまう人、 本当はこうしたいのだけど、無理だろうなと自分の心にフタをし続けること…

中国には問題あるが中国製には問題はない・・・果たして、そう言い切れるだろうか?

いっとき、中国製の服を断捨離したのに、いつのまにか溜まってしまった。 最近、またすごく気になってる。きっとこのウィルスの発生地が中国だから、前より「中国製」の3文字が気になってる。 中国では発生元は中国じゃない!ってなこと言い出してるし、ほ…

why Japanese ? You're so CRAZY!!!

おじさんは情けない。 やはり日本人はぜんぜん進歩していなかったのだ! SNSでデマが流れて、トイレットペーパーとティッシュを買い占めている「バカヤロー」たち、関西弁で言うなら”アホ”たち、この軽率で身勝手な行動は、その人のレベルの低さをはっきり示…

東京の人の思ってること

たまに行くバーは、 マスターの出身は 群馬県 毒舌の客Aは 千葉県 やさしい客Bは 沖縄県 毒舌の客Aが、マスターに 「田舎もんなんだよー!ばかやろー!」などと、酔ってしゃべっている。 マスターは冷静に、 「田舎の無いが悪いの?」 と、短い言葉に説得力…

氷の世界

このところ、ファッションの話題が多かった日が続きました。 と、前置きして、なんですが・・・ たまにテレ東(東京だと昔の12チャンネル=今の7ちゃん)で、 「信じるか信じないかはあなた次第・・・」 という、都市伝説の番組をたまにやってるんだけど…

スポーツは差別と独裁者を生む

1964年 昭和39年10月10日 東京オリンピックがあった。 このとき小学生ぐらいになっている人は何となくの記憶があるだろ? 自分は競技をしている人の姿はおぼえていないが、マラソンは甲州街道の折り返し地点で見た記憶がある。他は、すべて市川崑…

「ステキさ」を捨ててしまう自称ミニマリスト

こういう部屋が好き。こういう部屋に住みたい。 味覚で言うなら「うま味」のある部屋。とでも言いましょうか? 例えば、ミニマリストと称している人の部屋は、出汁の入って無いみそ汁のようなもの。 ラグやアートや布を、一気にどこかのインテリアショプでに…

貧困と貧乏

連休だったの? という11月の始まり。 コンビニ強盗のニュース。 きょう東京町田市で、42才男が店のカッターを突きつけ3万7千円を奪った・・・が、また店にもどり、「このくらいの金では生活の足しにもならないと思った」と言い、警察に現行犯で捕まっ…

人という生き物

ついに10月が終わりました・・ といっても、ただ時の過ぎ行くままに生きているような、そんな毎日。 もしいま、一生懸命に生きてるなら、きっと考えないだろう?というようなことを、冷静に考える。 それは、今20代、30代の人は、これからあと5、60…

自分の知らない世界

人とコミニケーションとるのって、面倒だし恥ずかしいし勇気無いし、、なんて弱っピーなこと考えて何十年も生きてきたけれど、他人はぜったい信用しない、人間なんて大キライとか思って、生きてきたけれど、 先日の大雨のとき、たまりにたまった公共料金など…

面倒な状況を作り出すのはそこの「あなた」

最近 文句ばっかり言ってるが、 やや空いている席で「誰か来ても他のところへ行くだろう・・」と、思ってか思ってないか、わからないが、喫茶店や公共のベンチで、一人分エリアを大きくはみだして、涼しい顔をしている人・・・いるよね? 「空いてるから、良…

もはやマナーは消滅しつつある。

10人居たら、10人はこれ、↑ 飲み物のさいごに「ズズズズーーーー」と、大きな音を立てて飲み干し、何食わぬ顔で去ってゆく。 なんで???!なんで???!なんで???!なんで???! なんでこんな下品な行為、人として教育されていないの?? 小さい…

経済国での無職難民

今回の台風で、台東区の避難所の職員が、ホームレス2人を中に入れなかった。ということ。ホームレスは最初、中に入ろうとしたのではなく施設の入口にいたらしいが、職員がそこは入口なので、といってどかせたと言う。 また、住所が無いために、区の施設には…

世界には日本より難題が多くある

台風は去ったけど、小雨が降ったりやんだりで、もう雨はかんべんして欲しいーーー あっというまに、今日はだいぶ寒くなった。 用事で出かけたけど、半そでに短パンじゃ寒いと思って、袖がスエードのブルゾンを着て出かけたけど、汗などいっさいかかないで1…

台風をまえにして

東京では、台風が今日の夕方から深夜〜明日の朝まで、夜の9時がピークだそうです。 100均に行ったら、窓ガラスに貼る養生テープが売り切れで、主婦が店員に何やら話こんでいた。雨合羽も、レジャーシートも売り切れの様子。 近所を歩くと、1階のガラス…

日本で、新聞を読む行為が不快である、などと言う人が自分以外にいるだろうか?

昭和の時代には、電車の中で新聞広げて読んでいるサラリーマンは普通だった。喫茶店には、たいがい新聞が置いてあり、食事の後の昼休みにはコーヒーと新聞、という光景も普通だった。その喫茶店もドトールやスタバにかわり、電車のなかでの新聞はスマートフ…