おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

漫画

和田慎二先生:怪盗アマリリス

先日、和田慎二先生の「スケバン刑事」全22巻を大人買いしたばかりですが、今回も「怪盗アマリリス」を全14巻大人買いしました。といっても2社で揃えているのでまだ届いてはないですが、「ガラスの仮面」もそうだけど、一度はブックオフに売っても、し…

和田慎二先生の「スケバン刑事」「超少女明日香」

明日から5月です。 なかなかの良い天気でしたが、何だか寒いですよね?! 今年は猛暑だと聞いたけど、その兆しは全く見えず。 「スケバン刑事」の復刻版が出ています。2巻は昔の作者:和田慎二先生!ほかは違う漫画家が新しいストーリーで描いています。や…

樹村みのり先生の「海辺のカイン」

東京の感染者数は少しづつ減って来ています。 気分的に良いことですよね 今朝は漫画の話をしました。が、もう一つ同じ作家の漫画を紹介します。 こちらは長編でさらに突っ込んだ内容で自分的に名作だと思っています。 同じく、樹村みのり先生の「海辺のカイ…

ジョーン・B の夏 by 樹村みのり先生

おはようございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ~♪ 今日は午後からまた雨の予報。 自己嫌悪から回復?__って言える原因はいろいろあれど、 写真の整理をしていて何十年も昔の後輩の手紙が出てきて、恐る恐る読んだら、なぜか感謝の言葉が書いてあった。 (うそ? そう…

ギャグ漫画じゃない本気の漫画

これから本物の梅雨が来るというのに、もうこのシトシト雨で気が滅入っていては先が思いやられるなぁ。というのも、寒いってほどじゃないけど、なんだか涼しいよね? 秋みたいです! そう、天気に爽やかさがまったくないんです。 カビが生えそうな天気。 東…

何か(?)が誘導してくれるとき

超常現象のテレビで、元漫画家が夢で見た予言を描いた漫画を取り上げていた。 2週間ぐらいまえに、ぶらりと本屋の前を通ったら、新刊のコーナーにこの漫画「私が見た未来」が目についた。 不思議な事と漫画が大好きな自分にとって、その本は手に取るのが当…

モノの持っている多くの表情を可能な限り省略し、人がそれを「そのもの」と感じるギリギリまでミニマムにする。人はそれを見て物の記憶を頭の中で想像し再現する。これが制作する側が行う「表現する」ということである。

金曜日に、テレビのチャンネルを回していたら、一時流行った「アナと雪の女王」だっけ?それをやっていた。漫画は好きだがアニメはあまり興味ない。 流行ったアニメだからちょっと観てみようーーと5分ぐらい流していたら、なぜか吐き気のような気持ちが悪く…

コロナ感染者0人記念に蛭子能収のTシャツプレゼント案!

いいなぁ〜、感染者が0人の県・・・! 良い、良いよ、0人なんて、ホントうらやましい。 実際は隠れ感染者がいたとしても、公で見つかったのは0人だから良いのだ。 0、という数字が欲しいのだ。 県内に、一人も感染してない、症状が出てない、ってことな…

魔百合の恐怖報告によく出てくる”買わされた”もの

ネットのバーチャルな文章に、ちょっとしたリアルなお店の人との会話に、スイッチを付けたばかりで飛び込んできたテレビの会話に、本屋で見つけた帯の文章に、ふと見た景色の一部に、、、 どこか遠い場所から、今の自分に必要なもの、そういうヒントをそおっ…

「ガラスの仮面」第37巻 in トイレ

昨日のブログは日付を間違えて投稿してしましました!m(_ _)m (修正済み) トイレで、一回2〜3ページを読んでいる「ガラスの仮面」が、 ついに37巻までになってしまった! 49巻が最新なので、もうすぐ読み切ってしまう。 いまは、マヤが月影先生の指…

相原コージの「コージ苑」

お盆休み って、いつ?開始:8月13日金曜日 終了:8月16日月曜日日本列島に線状降水帯がずら〜っと停滞して、日曜まで大雨です。 これも温暖化の影響。 「コージ苑」という漫画知ってます?この方、ギャグのセンスが秀逸です。 突然、思い出してまた読みたく…

あぁ、ガラスの仮面1〜49巻¥16,989で購入

テレビチャンネル[TVK-1 ] 22:00から「ガラスの仮面」アニメをやっています。生意気な配役の子がクビになった代わりに、栄進座の演劇にでることになったマヤ。座長の即興のテストでは、(・・・おそろしいい子)と思わせたマヤ。 あぁ〜またハマりそう…

恐ろしい作業

お米を発芽玄米に変えたら、びっくりするほど胃腸の調子が良い。 白米のときは、豊満感があり、もたれ感もあり、キレが悪く快便ではなかった。それが、ちょっと高いけど発芽玄米の効果は、その日に自覚できるほどすごかった。福井県産の無農薬。もったいない…

言葉の大事さ:人は漫画の吹き出しのように言葉で考える生き物

人間が俺らと違うのは 「言葉で考える」 ということである。 泣き出したり叫んだりするのは感情。それは言葉で考えてやってるわけじゃなく感情が言葉よりも優位になった場合に起こることで、頭で考える言葉とは正反対が感情。 人は、言葉で物事を考え、行動…

寄生獣

ドキっとした言葉を聞いた。 名前はわからないが、ある哲学者の言葉。 人間はウルスのようなもの ・・・・・ 人間がウィルスを発見したのじゃなくて ウィルスが人間を発見したのだ ! 人間はいつも自分たちが主体。 人間目線で物事を考えているので、ふと気…

青森県黒石市の「ランプの宿 青荷温泉」っていいよね

SNSのデマに気をつけましょうー!と言う特集がNHKでやってた。自分はインターネットは まぁあまぁ詳しいけれど、ツイッターやインスタなどはまーー〜たく興味ない。 デマを流すような、どこの世界にも悪人はいるのでダマす奴らはここではちょっとおいといて…

趣味の差は永遠にひらく。

シンデレラの顔は、派手じゃなく品があって好きでした。 そして映画にも感動した。その感動を忘れずにアニメーターを職業としてやっていけば良かったと残念に思うくらいです。 ディズニーの映画シンデレラは1949年制作。日本の公開は1952年、だとい…

マイエントランス

我が家の玄関のおもてなし・・・ というわけではないが、 せめて余裕のディスプレーを、ということで、 シューズボックスの上のスペース。 しかし、 何ともチープな雑貨である。 イノシシの置物は実は石けんである。 組み立て式でシールを貼って完成。 去年…

蛭子能収 × PARCO

蛭子能収(えびすよしかず)氏を、知らない人はすくないでしょう。 自分も、昔から知ってはいるものの、それは「ガロ」という漫画雑誌に掲載していた頃の漫画家としての蛭子さん。 単行本も何冊も買いました。彼の絵、好きです。 で、PARCOのエスカレータわ…

過激だがミリョクある「怨み屋本舗」

温泉銭湯に行く前に、古本屋で漫画を買って、それを食事しながら読むのが好き、というのを前に書いたが、自分は少女漫画が好きで、といっても、お目目キラキラ系ではなく、「有閑倶楽部」の「一条ゆかり」先生とか、萩尾望都先生とか、絵もストーリーも上手…

温泉銭湯

ささやかな楽しみは、 夕方6時すぎに、温泉銭湯に行くこと。 まず、銭湯に行く途中にある昔ながらの古本屋に寄り、 漫画を1、2冊買います。 何を買うかは、その時の気分でテキトーに選びます。 漫画を買ったときにもらう買物袋に、 銭湯に行くために持って…

新作「ポーの一族」だいぶ時間が経ったけど・・・

萩尾望都著、「ポーの一族」の新作。 これが出たときに、 「あー、どーしよーかなぁ、」と、買うのを迷っていたが、本屋で偶然、目の前に並んでいたので、買ってしまった。 前作で、完結であったはずなのに、その続きなのか? または古い時代のエピソードを…

また買物で失敗

Amazonでマンガを買った。中古。 しかし、5冊セットだと思ったものが4冊で、さらに2冊がちがうタイトルのマンガであった。 出品者に電話して聞いたところ、 Amazonで、「○○セット」という「セットもの」の場合の商品画像表示は、そのものズバリではない!…

モスでガラスの仮面49

夕方。 たまに行く、温泉の銭湯に行って、そこの食堂でマンガ読みながらのんびりするかなぁ〜と、おもって、ブックオフで「ガラスの仮面49」を購入。 でも、すごーく込んでて、食堂のテーブルに空きが無し。ちょうど6時頃だったので仕事終わりで風呂入る…

トゥオネラの白鳥

なつかし昔に、読んだマンガが、また読みたくて、購入しました。 水野英子(みずのひでこ)初期の短編集です。 このなかの、 「トゥオネラの白鳥」というラブストーリーに幼少の頃から何かしらのミリョクを感じていた。子供なのにませてたねー。 また読みた…

ボンボン:石森章太郎SFコメディ昭和41年作品を買う。

なつかしーーーのであります。 じぶんとおなじく、60才前後の初老のかたがたには、 たぶん見おぼえがあるでしょうか? そうです、石森章太郎(なぜか石ノ森になったが)の ボンボン であります。 ボンボンは、 昭和41年12月10日初版発行 なのです。 …

おみっちゃんが今夜もやってくる

”おみっちゃんが今夜もやってくる” なんて異様なタイトルでしょうか?! 怖いですね〜〜 絵もタイトルも・・・ 古い言い回しが、よけいに怖さを引き立てます。 1960年に貸本短編誌「虹」で発表された「おみっちゃんが今夜もやってくる」と「奇妙な手紙シリー…

視界が開けて頭がスッキリすることが幸せ

この漫画のように、 霧が晴れでもしたように 身も心も澄みきっていく もう 意識が勝手に 浮遊したりなぞ しない やっと おのれが 取り戻せた・・・ という絵のとおりの、 スッキリと視界が開けるような気持になることが、 なにより一番の幸せ、ではないでし…

美醜の大地 復讐のために顔を捨てた女 を買った

木曜日のMXTV「5時に夢中」の中瀬ゆかりさんが紹介していた本(漫画)を注文した。届くのが楽しみだ。 昔から復讐ものは好きだ。 この漫画の内容は、あるブスの女子高生が金持ち美女仲間からいじめを受け、樺太から北海道へ行けず家族がたいへん悲惨なこと…

「大家さんと僕」を2冊買った。

この漫画、話題になって、ずっと気になってて、やっと買った。 2冊、買った。 1冊は、誰かにあげようかと思う。 まだ2pしか読んでないけど、すでにおもしろい予感でいっぱい!