おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

田中 角栄

国民のために働くと言った意味は裏工作に終始ということ、それだけであって、国民の窮地の場を救うとか、そういった当然の熱い政策もメッセージもなく、国民がバラバラになってしまった。

なぜオリンピックを中止したほうがいいと叫んでいたか?を、考えてみると、コロナウィルスの感染拡大を危惧してである。時間や酒を規制している飲食店への支援も十分に無い。学校や他のイベントを中止しているのになぜオリンピックだけ中止しないのか?国民…

田中角栄の言葉が今、政治に、とくに総理に、必要だ。

オリンピックの開会式と管総理のハッキリしない指導力のせいで、この日本に生まれて生きて暮らして、この日本にプライドがまったく感じられなくなってしまった。そういう人も多いのじゃないだろうか?たぶん、六十歳以上の人は、今回の開会式でショックと怒…