おとこひとり

62才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

街角ファッションチェック

テクニックを駆使しましょう

ちまたのファッション雑誌ではモデルを使う場合は顔を入れて全身を撮影するけど、素人がブログでファッション記事など書いてる場合ほとんどが顔をボカす。もしくは首から上をカットする。でも、せっかくセンスを大事してるページが、ボカシやトリミング使う…

平面の服=着物を着ましょう

東京の今日の感染者数は23人と少なくなりました。コンビニに公共料金を支払いに出かけた。2週間ぶり外の雰囲気はそれほど緊張感はなく昔の日常のように人がいた。自分の予測だと明日か明後日に少し増える予測です。その後、また下がるというリズムで収束…

ちょっとダサいぐらいがイイ男

ジェイソン・ステイサム氏 カウボーイ風がお好みなんですね!ハットとシューズがカウボーイしてます。スーツはごく普通のデザインだが、それがよく似合ってます。おしゃれしてます!って感じじゃないのが良い。 彼のファッションって無骨で男らしくて質素で…

ハゲは服が似合うという説

ファッションどころではないので、画像だけで素敵な装いを見よう・と言うことで、海外のファッションレポートのブログから。 「ハゲ」って実は洋服が似合うようにできてます。と言うのは、余計な黒い部分がないので、洋服が邪魔されないのです。ほら、よくマ…

見た目も、食い方も、下品って・・・・救われない

東京は、皮肉にも、素晴らしくいい天気でした。 風もなく、ほっこりとした陽気で、いっときでもウィルスを忘れられた気がします。 久しぶりにランチに行ったら、やはり客は少なかった。そんな店内で、気になるのがパスタの食い方だ! イタリアンだから、パス…

[agnes.b homme] Made in FRANCE 服と食糧だけは中国製(韓国製も)を排除するのが自分の決まり

agnes.b homme やっぱりアニエスはイイネ。 agnes.b は黒がイイネ。若々しい。 アニエスは地獄や悪のイメージのモチーフが少ないこと!ストリート系のデザイナーが作る服って、かならずやダメージ加工や退廃的なモチーフをいれるので汚らしいしダサい。でもa…

デブは黒い服コーデはまったく似合わない

今年は春〜夏は黒をメインにコーディネートするつもり。 黒はゼッタイに太ってると似合わない。 それなのに女子たちデブが黒を着たがる。 黒を着れば”痩せ見え”するとおもってるだろうが、そんなものぶっ飛んじゃうくらい、体がデカい分、面積が多くなって、…

やっぱ Agnes.B が好き。

韓国製のリアルムートンを断捨離したので、イタリア製の服を探そうかなと、春なのにウールの服を買いました。 ウールって、実は真冬のものじゃないんですよ。麻も同様、ウールは通気性もよく汗も発汗させ、真夏は無理だけど、ハイゲージニットはオールシーズ…

黒にもいろいろある

女は年齢30ぐらい、男は35ぐらいかな。 女のカッコは、 黒のジーンズ、黒のダウンジャケット、 黒のムートンブーツ、 濃いネイビーのリュックに生成りのトートバッグ。 男のカッコは、 黒のジーンズ、黒のダウンジャケット、 黒のローカットスニーカー(…

黒は派手。黒は体に自信が無いとカッコ悪い色

東京にも強力な寒波が来ています! 冬だからあまりカラフルな色を着てる人は少ないけど、女性の「黒」服は、似合う似合わない、が、はっきりでてしまう、と言うことが、街を歩く人を見てわかった。 黒は無難だ、と言ってるのは、大間違えである! 黒こそ、超…

延々のループ状態の買物

今年の冬は 暖冬だっていってましたが、本当に暖冬ですね。 アウターの下に半そでTシャツ1枚でOK!って感じです。マフラーも、じゃま。なので、マフラー処分します。 この冬で、着る服の数とアイテムがほぼ、決定しつつあります。やっぱりHERMESの革ジャン…

やっぱり黒かなぁ

黄色に赤にブルーに・・・ちょい足しに色のある服が、たまに着たくなって買ったけど、どれもこれも、みーんな変! 服が変!っていうより、気分が乗らないヨ、色のある服って・・・気分が晴れる気がして買ったけど、カラフルな服って意外に落ちる。なんでだろ…

3日目

帰省ラッシュ 始まる・・・ってニュースがあった。 帰省・・ってのは一度も経験が無い。 東京で生まれて東京で育ったから ここが故郷ということか? 故郷と言うのは、田舎のことじゃないのか? 帰る場所が、故郷という意味じゃないのか? まわりは田舎を背負…

ボーっとしてんじゃネーヨな色。

冬だからと言うこともあるけど、淡い色の服で全身をコーデして、ぼ〜っとした印象の人が多い。カフェオレコーデ?とか言ってるし、上から下まで、アースカラーで同じトーンのワントーンコーデが流行ってる。 わかるよ、うん、わかる。こんな画像みたら、色に…

スペインの軍隊、外人部隊のコスチュームのセクシーさ

世界には、まだ知らないことが たくさんある。 でも、だいたいは「あ、そうネ」で、終わるようなものだけど、 スペインの軍隊、外人部隊という先鋭の部隊があって、 びっくりしたのは、そこの制服です・・・・ はじめ、GAYパレードのコスプレだと思いました…

ワイドパンツコーディネート術

女子のあいだでは、ワイドパンツは,まだブームである。ずーっと定番になるかもね。 ワイドパンツって、背の低い日本人にはかなりむずかしいアイテムだけど、それはエレガンスに着こなそう!と、思うからむずかしくなるんだと思う。カジュアルに履けば、普通…

街角ファッションチェック

夕方ちょっとまえに電車に乗って、歯医者に出かけた。 こういう時間帯は、まだ帰宅タイムじゃないし空いてる。 それに、スーツじゃないサラリーマンじゃない人たちがけっこう乗っている。 街や電車では、人のファッションを見るのが好きだ。 どんな服を来て…

見た目は一般受けしないとネ。

近所のCAFEのご主人は71才。 アメリカに住んでたこともあり、 とても若々しいアメカジファッションで、 海や海外が好きで、趣味もジジ臭くなくて、好きです。 そのご主人に久しぶりにあって、 ご主人: 「ちょっとぉー!すごい痩せたんじゃない?!」 「ぜ…

冬物衣料の善し悪し

洋服はほとんどネットで購入しています。街のリアルなショップは見るだけショッピング。 素材を確かめたり、、市場調査ってヤツ。 そのネットも、便利だけど、落とし穴がいっぱいです。 最近はPCの画質が良くなったので、まったくちがうことはないけれど、そ…

老後のスローガン:筋肉美に生きる

今年6月に糖質カットしよう!と思って、食材をキビシくして今に至る。 昔は肉まんを昼食に3個以上食うとか、なんで、あんな炭水化物の固まりを食ってたのか?と、ときどき思い出して、自分ながら理解に苦しんだりしています。 ちょっと前はパックの150g…

黒は、やっぱり卒業。

だいぶ寒くなって来たので、黒い色の服でコーディネートしようと、安いのから高いのまでいろいろ集めたのだが・・・ 黒のブルゾン、黒のスキニージーンズ、黒のスリッポン・・バッグも黒、スタイルはなんちゃってロックっぽくなってしまった。で、、いやー大…

ジェイソン・ステイサムから学ぶ

なんだろう、この自然なカッコよさ・・・ 同じ服でも、その辺の兄ちゃんが着たら、こうはならないでしょう。 「これ、全部 ファッションセンターしまむらなんですよ!」 といっても、おかしくない派手じゃないデザインと色。 ソールが白いスリッポンシューズ…

自分自身を見つけることにファッションは意外と大事

自分に似合う服を探すことは、自分を見つけることに等しく、着たい服を選ぶのとはぜんぜん違うもっと深い意味があります。 この世にただ一人だけの自分のらしさとは? という大事な課題のひとつがファッションです。 服って、その本人にまったく似合ってなか…

オタクは己を知っている・・

パーソナルカラー診断、って言う、自分に合う色(服の色)、という診断がある。ファッション好きの人なら知ってるわけだが、つまり、髪の色とか目の色(日本人はほとんど左右されないと思う)、血管が肌から見えるか?などといった、そういう自分の顔色、肌…

TOKYO JAPAN STYLE

東京STYLE 混沌とした街 田舎者が成り上がった街 それが TOKYO JAPAN TOKYOのファッションを 日本らしいファッションを、 もっと、もっと 根づかせたい。 サラリーマン、OLたちは、 昼間には 普通の制服スタイルで仕事すれば良い。 それしか、今の日本では許…