おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

高尾山口より「うかい鳥亭」の美しさ

f:id:bearpond:20171202123438j:plain

還暦の前祝いに、高尾山にある料亭「うかい鳥亭」でごちそうになりました。

あと少しで還暦ですので、このブログのタイトルコピー、変わります。

(どーでもいいか・・・)

日本庭園の離れの個室で紅葉真っ盛り。あーなんて日本は美しい。

f:id:bearpond:20171202123631j:plain

f:id:bearpond:20171202123730j:plain

ランチは、お一人¥5,000ぐらいかな。

昼からワイン飲みました。2時間ぐらいかけて食いました。

料理写真をドヤ顔でアップするのはネタなしブロガーの常とう手段。それは嫌いなので風景だけです。

 

電車の中で、こんな広告がドアに張ってあった。

f:id:bearpond:20171202124148j:plain

何だ? この本?

「毛玉だらけのカシミヤより、ユニクロの新作ニット!」

「身の丈にあった服で美人になる」

 

何だ? この2つのコピー。

内容はどうであれ、

つまりユニクロなどのプチプラ服を買ってもキレイに見えますよ、

私がコーディネートすればね!・・・ということでしょ?

それにしても、「毛玉だらけのカシミヤ」って、

そもそも、そんなの着てる時点で終わってます。

ユニクロのセーター買っても、そういうだらしない女は、

何買ってもいつかは毛玉だらけになるわけで、

カシミヤだろうがユニクロだろうが毛玉だらけになるわけで、

このコピーには説得力ありません。

 

身の丈にあった服・・・って、

 

分相応相応な金額の服=おまえら金無いんだからユニクロの服でいいんじゃ!ということですよね? 身の丈にあった服って、言い方ひどいですよ。分相応でいいんだよ主婦なんか。って言ってる。そんなんで美人になれたら世話ない。

そこで、自分がコピーを皮肉って修正。

 

「毛玉だらけのカシミヤより、毛玉だらけのユニクロの着古しニット!」

「身の丈にあった服でブスになる」

 

これだったら意味はよくわかる。