東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

だれとも親しくはなれないし、ならない。

f:id:bearpond:20181125014128j:plain

呑み屋にて・・・

あぁ、 酒など、 不毛・・・

と、ほんとは いつも思う。

これは 言い訳できない、りっぱな依存症。

 

そんな呑み屋で深夜に話したことは、

死ぬ時期や、介護施設や、老人ホームや、そんなまじめな話をして、やはり、人というのはそれぞれに、価値観と、考えが、まったくちがうということに、あらためてわかった。 同じ考えの人など、いない。

だから、「人と話すのはおもしろいんだ」、と言う人もいるだろう、

でも自分は、

だから、人と「良いか、悪いか」なんて、話すのは不毛だ、と思う。

 

議論するのが好きな、昭和生まれの学生運動時期の中年は、新宿ゴールデン街に、いまだにいるだろう。かれらは、ただの暇つぶしに、ストレス解消に、酒のつまみに、議論し言い合ってるだけだ。

でも、そんな、人生の、生き方の問題の価値観の話でくいちがうと、今まで仲良かった人も(夫婦も、恋人たちも)、縁が切れて、別れ話になるような気がする。

いや、それは、自分だけだろう、と(たぶん)思う。

だから、人とは、くだらない話だけをしてるほうが、波風なくて良いんだと、自分に言い聞かせて、適当に生きる。

だから、だれとも親しくはなれないし、ならない。