東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

お歳暮のコーヒーセット

f:id:bearpond:20181223140955j:plain

いつも飲んでるコーヒーはカフェイン99、9%カットのコーヒーが、なくなったけど、買いにいくのがめんどうで・・・

どーしよーかーと思ってたら、

使い切った日にお歳暮でコーヒーが届いた(画像)。

この種のインスタントコーヒーは滅多に飲まないけど、

こういう助かっちゃった系偶然は、まえにもあった。

お中元、お歳暮でコーヒーが届く偶然・・・・

 

すべてを良い風にとらえる、というのは、悪いことじゃない。

失恋したり、音信不通になったり、それは良い風に考えて、これ以上、その人に関わらないほうが良いという、どこかからの暗示。そう考えれば、悪いことばかり起ると思っても、実はその逆だったという展開になる。 ノーテンキ的な考えのほうが正しいときもある。

 

不幸のドンン底にある人の本当の闇はわからない、人それぞれに不幸と案じる程度もちがう。が、自分が何かによって生かされてると仮定して考えれば、その不幸と感じる問題や原因は、自分の人生はいたずらに苦しむ運命ではなく、その逆で、悪いことを未然にストップさせるために、その悪い問題は起こってるんだと、考えられないだろうか?