おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

坊主って、超むずかしいヘアスタイル

f:id:bearpond:20190719153127j:plain


髪、伸ばしてます・・・

って、どーでもいい話題ですが、

シャンプーをマメにしてると、

いがいに髪がヘナっとならないんだなぁ、と気がついいた。

だいたいが、いつもスキンヘッド以上坊主未満だったために、

自分の髪の毛がどういった感じか?なんて、

この2、30年、ぜんぜん知らないで生きてきた。

その髪の毛、伸ばすと何がイヤか?って(伸ばして思い出したことだが)、

のびた毛が耳に、チョコチョコ触れて、なんとも気持が悪いのだ。

だから、耳に触れるぐらいのびたら、いつも速攻バリカン登場であった。

 

しかし、

 

ガマンして伸ばしていると、

前は似合わなかった(だろう)服がに合う気がしてきたのだ!

髪はけっこう、重要なファクターであった。

女性ならあたりまえだが、髪はファッションにエライ影響する。

坊主頭では絶対に合わない服・・は、ある。

 

毛が伸びた最近、街で坊主頭の男をみると、

「出所したての男」に見えちゃう。

刑務所を出たばっかりです、わたし。と。

いや、 これはすごいヘンケンではある。

寿司職人、坊さん、スポーツマン、ただのオシャレ男、などなど、

坊主があたりまえの人はたくさんいる。

でも、いざ自分が坊主頭じゃなくなったら、

坊主の奴らがみな、「出所したて」にみえてきたのだ。

いや、つまり

坊主って、超むずかしいヘアスタイルだ、

ってこと。

 

だいぶまえに、地下通路を歩いていて、ATMによろうかなぁ〜などと思って、サササッと横歩きに移動したら、たまたま同じ目的の女性が、そのATMへ行く途中で、自分とニアミスをした。そしたら、その女性はすごい勢いで逃げて行っちゃった。(ややショック)

このとき、自分はスキンヘッド以上坊主未満のかなりヤバい感じの頭で(自分ではファッション的にイケてると思っていたのだが)、じつは世間では

「出所したての危ないヤツ」

と思われていたわけだ。(たぶん)

というわけで、

普通の人が嫌悪感を抱かないように、

髪を伸ばすことにいたしました。