東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

平成最後、天皇陛下の退位の日

f:id:bearpond:20190719160645j:plain
秋葉原の電気街にて。

人の山・・・・すごい人ごみです。

平成最後の日  ですね。

かなり寒い日が続いてるし、変な天気です。

氷河期? まさかね・・・

平成を懐かしむテレビでも観て、過ごしましょうかネ。

 

 

インドネシアで17日行われた大統領選などをめぐり、投開票に従事した職員と警察官が過労で計106人死亡し、問題となっている。投開票や集計が長引いたためで、総選挙委員会は「彼らが真の英雄だ」と哀悼の意をささげる・・・

(抜粋)

 

というニュースをご存知だろうか?

まったく興味のない出来事だが、これ、本当だろうか?

たかが選挙の開票に、過労で死者が出るなんて報道自体ナンセンスである。

これは、ウソのにおいがプンプンする。堂々とニュースにするのが、


ひらきなおってると言うか、考えなし、といいうか・・・

選挙の開票で、30時間働いて死ぬか?

それも、106人! こんなに大量に死者が過労で???

インドネシアという国に関して、何度も行ったこともあるので知らないこともないが、悪い意味ではなく、かなり、いい加減な国である。暖かい国なので、皆、歩く速度は遅いし、おおらかだし、悪いことには警察なんて堂々とワイロが普通の、そんな国であるのに、なんで過労で死ぬのか? 

日本とはちがい、過労死、などというモノが存在しない(と思う)インドネシアで、このウソは誰が考えたか、失敗である。どうせウソをつくニュースなら、過労死などと言う幼稚なウソではないものを、考えたほうがよかった。