おとこひとり

62才おとこがひとり語るモノコトのいろいろ

ステロイド軟膏の正しい使い方

f:id:bearpond:20190508001333j:plain

何ヶ月も前に、じんましん・・のようでもなく、乾燥肌?でもなく、虫さされ?のようなものが、体の何カ所かに出て、かゆみが強いが1日中、続くわけではないが、そんなことがあったので、皮膚科で見てもらったところ、軟膏を処方された。 これは以前、書いたことである。

それで、なにを言いたいか?というと、

自分のかんちがい と、

皮膚科の先生の説明

ということに焦点を当てたい。

 

まず、医者の言うことを適当に聞いてた自分がいて、しかし、細かい説明をしない怠惰な先生もいて、その結果、なかなか、なおらなかったわけである。

 

皮膚科の医者の言うことには、

処方された軟膏は、ステロイド剤であり、弱い〜強い〜のたくさんの薬があって、さらに、個人の体質に合う、合わない、ステロイドがあるということ。

なので、薬を使い始めて、症状が良くならなかったら使うのはやめて、必ず違う薬を処方するので来院してほしい、ということであった。(それが正しい治し方だそうだ)ステロイドは副作用があるので、長く使用するのは絶対にダメだということだ。

さらに、皮膚を柔らかくし、状態を良くする塗り薬=ヘパリンを最初に十分つけてから、ステロイドを付ける、という順序が良いということであった。

さらに、ステロイド軟膏は1日2回を厳守である、、と言うことであった。

 

これらは、常識だろう、たぶん。でも、まったく適当に処理していた自分であった。さらにすごいことをしていたことを告白すると、処方されたステロイドを付けても、すぐにかゆみがおさまらないので、市売品のかゆみ止め(ムヒとかウナとか)を同時に付けてたのだ! 薬剤師に言ったら「それは絶対ダメです!」と。なんという、むちゃをしてたのだろうか。

こんないいかげんなヤツはいないと思うが、ステロイドの使い方にはキビシい掟があるので、充分、お気をつけ下さい。(皆知ってるか?)

1日2回、市売品などは一切付けず、医者尾の説明を正しく守ったら、あら、なんと、2、3日でかゆみと赤みが消えました。(しぶとい箇所は少し長引いたが)