東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

高校の校舎で起こる夢芝居

f:id:bearpond:20190606003519j:plain

起きてからも、はっきりおぼえてる夢、をみた。

夢のほとんどは、起きてすぐ思い出し、すぐに忘れるのが「夢」なのに、なぜかおぼえていた。

場所は高校の校舎である。たびたび、この場所、この建物内で夢が起こる。

その当時にしては現代的なコンクリートの打ちっぱなしの建物。一間巾の階段が4階まで続く、その階段を行ったり来たりする。途中に、トイレがある。

その校舎が、今回も舞台であった。

 

<最初のシーン>

ある教室の、後ろのドアから入ると、パーチクルボードの木の天板にグレーに塗られたスチールパイプの机がならび、皆の背を見ながら入ると、自分の席を探し、空いているイスに座った。

皆、静かに書道をしている。

書道といっても、タテ書き線が印刷された紙に、メンソウ(細い筆)で何かを書いている。 ひとりの男の先生が見回っているのがわかった。

自分は、皆と同じ細い筆、ではなく、毛先が短く巾は親指ぐらいある太い筆で、その筆の先で、細い文字を書いてる。

そこに、先生が来て「よくそんな太い筆で書けるな?」と言う。

 

<次のシーン>

ちがう教室に入って行く自分がいた。

そこは、机がきちんと並んでいるのではなく、バラバラで皆、何かを作っていた。

ひとりの男、それは大学の時に仲の良かった群馬が実家の男であった。

机の上には、黒い鉄の棒と、白い和紙のようなもので何かを作っている。

彼は、黒い鉄で葉っぱか唐草模様のアールヌーボー調の飾りが付いた、タテ40cm、ヨコ50cmぐらいの四角い照明器具を、作っていた。 鉄の飾りの枠には和紙がまわされ、きっとそこからライトがもれるような照明であろうと想像できた。

(なんてステキな作り物だろう、自分も、こういうものを作りたい、と思った)

 

・・・これで以上である。

ご静聴、ありがとうございました。