東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

プチ断食決行?

f:id:bearpond:20200416032352p:plain

「断食」というキーワードで検索して調べてみると、3日間の断食は専門家とやらないと危険である、ということであった。

それはわかる。

断食=食わなきゃいいんでしょ?

というのは、ちょっとちがうようだ。

というのも、普段、普通に食べてる人が急に食わなくなると、体調がおかしくなり危険にもなる、ということである。

断食道場とうのもあるが、ちゃんとした人とやるなら良いでしょうが、プチ断食なるものもあるようだ。

プチ断食=1日断食。

あるライターの人の内容だと18時間の断食が良いそう。

 

18時間何も食わないなんて、忙しい仕事の時はよくあった・・と、おもったが、まったく食わないでいることと、ちゃんとした意識とレシピでやるのとでは、まったくちがう発想であることがわかった。

 今考えてるのはプチ断食。(約1日〜18時間)

1日断食の前後に、準備の食事が必要だそうです。

 

 

いろいろ検索した結果、1日(18時間)プチ断食の方法として、

 

前日の食事(2日間前ぐらい)

・普段の半分の量にする

・炭水化物を抜き、みそ汁と海藻類と納豆。

断食中(約1日〜18時間)

・白湯、ノンカフェインハーブティーなど

・純水(ミネラルウォーターが良いらしい・・)

回復期

少しづつ体を断食に慣らす、又は回復させるということでしょう。

そのための食事として良くいわれているのが↓

 

「まごはやさしい」だそうです。

  • ま:豆類、納豆、豆腐
  • ご:ごま、ナッツ
  • わ:わかめ、もずく、めかぶ、海藻
  • や:野菜
  • さ:良質な魚
  • し:しいたけ、きのこ類
  • い:芋、穀物

これをおもな食材として考えるそうです。が、ちょっと良くわかりません。

というもの、つまり、肉とか炭水化物以外、といったほうがわかりやすくないですか?

野菜だって、生のダラダは消化が良くないし。

この「まごはやさしい」は食材のことを言ってるわけで。調理した料理ではないので、かんちがいしそうです。

「梅流し」という物があるそうです。これは大根(たぶんおろし)と梅干しを煮込んだスープ。読んだだけで胃に良さそう。断食明けはこういうのが良いそうです。

 

このブログをやるきっかけになった体調不良のときに、マッサージ屋さんに通ったとき、そこの先生が「好転反応」という症状について、しょっちゅう言っていた。

これについて次回、書きます。