東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

ケモノ毛歯ブラシ

f:id:bearpond:20190705104850j:plain

「エビス」の最高級の歯ブラシ(1本¥500ぐらい)を買った。

この毛、

馬の毛:タテガミ、

山羊の毛:頬、尾、

穴熊の毛:背中・・・

を使用したものらしいが、

複雑な感じであるが、使用心地はとても良かった。

歯にピッタリフィットする感じと適度な柔らかさ。

すごい。

item.rakuten.co.jp

 

これを買う前に↓これを買ったが。

”「現代の名工」の一人として厚生労働省から表彰 、機械植えが主流となるなか、手間のかかる仕事のため手植えブラシ職人も激減、数少ない手植えブラシの職人”

という、職人さんの、馬の毛の歯ブラシでも固かった。

固めが好きな人には良いが、

普通の市販の歯ブラシと同じ感じで、

柔らかい毛が目的なので、これは失敗した。

f:id:bearpond:20190702225650j:plain

 

 

自分、よくある樹脂の毛の歯ブラシで今、

細ーい毛の歯ブラシが販売されてるようだけど、

お化粧でも、「熊野のブラシ」ってのが良いとされてるように、

肌触りや化粧のノリは、ケモノの毛は人工毛に勝るわけだ。

昔からずっと馬の毛の歯ブラシを使ってるが、気持ちが良い。

たぶん、触感と温度、じゃないかと思う。

ナイロンの触感はビニールであるわけだし。

動物の毛がイヤ!って人もいるが、

ナイロンの毛を口に入れるよりは良いと思うけど・・・

慣れないとたぶん、変な感じがすると思うけど、

歯を磨くというより、歯をやさしくなでるような感覚で使う。

馬の毛の歯ブラシ、スーパーや薬局で探したが、

どこに行っても、売ってないのです。

と、いうことは、需要がない!、ということでしょう。