東京おとこひとり

語るモノコトのいろいろ

催涙雨(さいるいう)

f:id:bearpond:20190719171719j:plain

昨日は七夕。雨でした。

この日に降る雨を「催涙雨(さいるいう)」というのを、前に書きました。

織姫と彦星の二人は雨だと逢うことが出来ません。

それで、涙を催す雨、と言うのです。

「逢うことが出来なくても、

思いが通じている人がいれば良いじゃないか?」

とも、いえます。

 

今年も もう半分が過ぎたと言う、早さを感じる。

つねに、自分のなかで不満や憤りを、時の過ぎ行くままに忘れて行くというか、他人に相談しないで解決してきたが、誰かに相談したい。師と仰げるような、尊敬する人に話を聞いてもらいたい、そんな気分である。グチじゃなく相談である。または尊敬できる人の話を聞きたいとも思う。

「女」のように、自分勝手なグチを言いまくるのは、男はそんな事はしない。

グチじゃなく、乱れた心を静かにしてもらいたいと、他力本願のカードを使いたい。

人生の中で、3回だけ、そのカード使ってもいいでしょ?